Cogito Ergo 住む

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
04
 
こんな変な組み合わせの記事を書いたら笑われそうだけど、
ブログ・リハビリ中とご理解いただき、なにとぞご勘弁ください。

このところ頭の片隅で鳴り続けているのが「ファミマ入店音」。
自動ドアから入った時に鳴るあの電子音(メロディー)です。
ニコ動でこれらを見て以来ずっとなんですよね。
「【ファミマ入店音】ファミマに入ったらテンションがあがった【Remix】
「【ファミマ入店音】ファミマウイーン店に入ったらオーケストラ」
ファミマ入店音】ファミマ入ったら魔界だった【マチゲ×このり×meola】
一度聞いたらファミマでニンマリしてしまうこと請け合いです。見てみて。


さてさて、いよいよ黒猫カレンダーが発売されるようです。(購入ページにGO!)
3枚並んだ見本の一番左がコギです。ありがたや。

それと今年から密かに「猫倶楽部カレンダー」という壁掛けカレンダー計画も
同時進行されていたようで、こちらは黒猫縛りはないそうです。
ぜひ黒猫以外の猫さん写真も2011年のカレンダー用に応募しましょう。
来年は全員参加、ということでいかがでしょう?

両方とも以下の書店で購入可能とのこと。
(発売は10月中旬以降。店舗によって異なります。在庫等は各書店にお問い合わせください。)
ジュンク堂書店
札幌店池袋店大阪本店千日前店天満橋店西宮店京都店三宮店広島店
紀伊國屋書店
札幌オーロラタウン店新宿本店3F、新宿南店3F、渋谷店吉祥寺東急店泉北店広島店徳島店ゆめタウン博多店熊本光の森店長崎店
ブックファースト
梅田店3F、阪急西宮ガーデンズ店
旭屋書店
なんばCity店天王寺MIO店

いやー、それにしてもすごい。全国展開まであと少し。
こんなに東京の取り扱いも増えて夢のようです。

「よかったね。コギ」
コギお気に入りポーズ
「全国デビューだからね。10月のページ見てね。」
 
10
 
去年ダダを亡くした直後に見つけて買った指輪。「Forget Me Knot 」と言う名前です。
本当は Forget me Not (私を忘れないで)ですが、notにKを付け、結び目を指すKnot にし、
2つの意味を含ませています。
(私が「私を忘れないで」っていうのも変なので、勝手にForget you Notと改名してますが)

Forget Me Knot
欧米には何かを忘れないため指に糸を巻きつけて覚えておくという文化があるそうで、
それをモチーフに本物の結んだ糸から型を取っているのでとてもリアルです。
毎日着けていようと思って買ったのですが、リアル過ぎて先っぽが痛いのでできません。
でもかなり気に入っているので、少し先が丸くなったバージョンの黒を追加購入検討中。

MOMAのショップでも扱っていますが、私はGenerate Designで買いました。
このお店はお薦めです。あまり見かけない素敵なものがたくさんあります。

今、狙ってるのがこれInner Messageという指輪です。発想がいい!
内側に刻まれた刻印が、はずした後に指にメッセージを残すというもの」です。
売っているのは「Always」なのですが、「
10文字程度のお好きな文字&メッセージで
ご注文が可能」との記載を見つけてしまいました。いやん、どうしよう。
ここは思い切って3匹まとめて「Kuroneko LOVE♡」とでも入れてもらおうかしら(笑
 
07
 
今日は黒猫から外れてモノネタを。

むふふ。眼鏡を買いました。
999.9(フォーナインズ)のNP-40/クリスタルスモークです。黒に見えますがグレーです。

正面から

fournines2.jpg
上から

fournines3.jpg
一部アップ

このリム(フレーム)とテンプル(つる)を接続している金具(智-ち-と呼ぶそう)、そして
湾曲したテンプルを本人の頭部に合わせて包み込むように調整することによって、
「めがねをかける」というより「着ける」ようなフィット感を得られる特徴があります。

なので、下を向こうが、ヘッドバンギングしようが(しないけど)、ずり落ちません。
と言っても私は常時めがねをかけてる訳じゃないんですけど。
近視、遠視、乱視の3種混合だそうで、視力的には0.5くらいあります。
中間が見えやすいのだとばっかり思っていたら、どうやらそうではないらしく、
どの距離もあまりよく見えていないんだそうです。

めがねをかけるのは主に、映画を観るとき、車を運転するとき、仕事中や読書中です。
めがねをかけると、あまりの色鮮やかな世界に「総天然色」(古っ)という言葉を
思い出します。本を読んでも、印刷された字が木綿糸からミシン糸のようにぴしっと
締まります。見えてはいるけど、かなり、ぼんやりした世界の中で暮らしているんですね。

そんなレベルなのにも関わらず、既にめがねは黒、紺、ベージュと3本持っているのですが、
どうしてもグレーが欲しかったのでレンズが合わなくなり、購入しました。やほー。
これからめがねの購入を予定されている方、一度ここのをお店で試着してみてください。

どうも女性らしいものよりも、めがねや腕時計、文房具にスニーカー、かばんにカメラ
(そんなに持ってないけど)、コンピューター関係(Macですが)や関連ガジェットに
ばかり目がいくという、まんま『PEN』の読者のようでいけません。
そろそろ女っぽいものにもときめかないとね、と思ってはいるのですが、ついつい
手を出すのはそんなものばっかりです。

で、次に狙っているのがカメラ。・・って結構言い続けてるんだけど。
先般ようやく購入機を絞り、あとは既に「買い物かご」に入っているのをポチっとするだけ、
という状態だったのですが、なんと同じメーカーから、もっと欲しい機種が出てしまった!

決めていたのがRICOHのGX200 VF KIT付きというカメラだったのですが、その倍近い
価格帯でGR DIGITAL IIIという機種が発売されました。

それも明るめレンズらしい>ね、akiraさん<カメラ師匠

と言うことはですよ、もしやこれって「夜間室内黒猫専用カメラ」になるのでは?!うひー。

誰か、夜の室内で黒猫ばっかり撮っているマニアックかつ、リッチな方、カメラをこれに
買い替えてみませんか?そして、ぜひ実写無処理画像付きのレビューをお願いします。
もちろん夜間に室内で撮った黒猫(濃色の猫ならもちろん黒猫以外でも)写真で。


我が家のカメラ購入反対派たち
カメラ反対エル
E「またあの黒いの買いたいらしいよ。おやつ減るのかな。」

カメラ反対コギ
C「なに?なんとしても阻止してやる。あれ持って追っかけられるのウザいし。」
 
05
 
先日の予告通り(笑、金曜日にIKEAに行って来ました。
その前にちょっとだけ遠回りして、用賀に寄ってシェ・リュイでランチをし、そのビルの
2階にある気になっていたお店にも行ってきました。
壁にかかったHIPのペイント缶の色違いポスターがウォーホルっぽい。

そこはカラーワークスという会社のショールーム兼ショップで、主にアメリカのHIPと、
イギリスのFARROW&BALLのペンキ、漆喰、壁紙などを扱っています。
ELLE DECOなどの雑誌で見かけたことのある方もいらっしゃるかもしれません。

FARROW&BALLは132色、HIPは全部で1488色!と豊富な色揃えです。
人体に害のあるといわれているトルエン、キシレン、ホルムアルデヒド、鉛、水銀や
VOC(揮発性有機化合物)をほとんど含んでいない安全な塗料で、ペンキ特有の
あの臭いがないところに大いに惹かれました。
人にキツいなら、当然、鼻がよく、身体の小さい猫にはもっとキツいでしょうから。

FARROW&BALLは全色の缶を常備、HIPは壁に貼られた色見本で番号を選ぶと、
その場で調合して色を作ってくれるのだそうです。(確か)

今回はIKEAで小さな棚を買って組み立てる予定だったので、それ用にお試しサンプル
サイズと刷毛を購入。

HIPのサンプルサイズはローズマリーっぽい香り付きで、ちょっと試してみたかったけど
残念ながらサンプル色が少なかったので、今回は全色から選べるFARROW&BALLの方を
買いました。ホワイト系だけで6色くらいのトーンがあり、楽しく悩めます。

IKEAペイント1
組み立て後のIKEAのミニチェスト。ベニヤっぽくてしょぼい。

IKEAペイント2
上にあるのがお試しサイズのペンキと刷毛。それにFARROW&BALLの色見本。色がシック。

臭いがないとは言え、どうせヤツらに邪魔されるだろうと自室に避難して塗ってみました。
すごい!本当に臭くない!!その上、全くムラにもならず塗りやすい!刷毛もいい。
あっという間に塗り終わって、3時間程度で乾きました。

IKEAペイント3
出来上がりはこんな感じ。(画像、斜めってるし、この写真で見ると前の方が良く見える・・?)
ちなみに1度塗りで木目がおおよそ隠れるくらい。サンプル缶100ml(1260円)の半分使用。

IKEAペイント4
今回のはフェルトを猫から守るぞ、の主旨だったので、早速入れてみました。
入れている間にも狙われてしまったので、そそくさと突っ込み、テキトーな配色・状態ですが、
とにかく大半のものは収まりました。やた。

うちはほとんど珪藻土なのですが、一部階段などにはクロスを張っています。
そのうちクロスの張り替え時期がくるんだなぁ、と思っていたのですが、ペンキ塗っちゃう
のも楽しいかも、という気がしてきました。

クロスの種類にもよるとは思いますが、プライマーなしでも、クロスの上からそのまま
塗れたりするようです。
壁の一面だけ色を入れてみたり、トイレだけポップにしたり、なんて楽しみ方もできそうで
わくわくします。
水性ですが乾燥後は耐水性もあるとのことですので、洗面所なんかにもいいですね。
その上、水性だけに刷毛も水洗いすればOKな点も高得点。

屋内でちょっとペンキを楽しんでみたいけど臭いからと敬遠されていた方には
とてもお薦めです。お店の方も親切。お近くの方はぜひ。

〒158-0097 東京都世田谷区用賀4-10-1
世田谷ビジネススクウェアータワー 2F
アクセス:東急田園都市線用賀駅下車(駅直結:北口ビジネススクエア)
TEL:03-5717-7081 FAX:03-5717-2280
営業時間:10:00~18:00
定休日:祝日,SBSタワー休館日

肝心のIKEAでは片っ端から試したマットのどれもが柔らかく、購入に至りませんでした。
狙っていたペット用ベッドも見つからず、コンフォーター(それも既に持ってるけど
気に入っているからという理由で同じもの)、クッションカバー、母のベッドサイドライト
なんてものだけ買って終了。
あ、大好きなディル味のポテチは忘れずに買いましたけど(笑。
家族には不評なんですが、あれ、好きな人、いらっしゃいません?
(賞味期限近いエスプレッソとダークローストのコーヒーパウダーが超セール中。
エスプレッソで水出しコーヒー、結構いけました。もし行ったら買うべし。)

そして最後はお決まりのソフトクリーム(¥50.-也)を食べて、三宿の夢吟坊で
冷やしかき揚げうどん(これ知ってます?牛蒡とニンジンをピーラーで剥いたような
長ーいかき揚げなんですけど、チップスっぽくておいしいの)を食べてツアー終了。
(食べてばっかだ)

こういうときは、なぜかさほど腰も痛くなかったりして(笑・・うそです。

さて、マット、どうしよう。いいマットをご存知の方、ぜひ教えてください。


おまけ
お中元コギ
母がお中元にいただいた夕張メロンの空き箱で、捨て猫ぶって哀れな顔をしてみせるコギ
(メロン2つ分の大きさということか)

捨ててませんって!人聞きの悪い・・
 
07
 
最近めっきり出不精で、身体も動かしていなかったし、今日は天気がいいとの
予報だったので、早起きして自転車で出かけてみました。

途中でヘバるのもイヤだし、帰って洗濯物もしなくちゃなので、6時半出発の
現地休憩含め、往復で3時間コースで、気持ち良さそうな目的地を探しました。

杉並の善福寺川緑地公園、和田堀公園のあたりがちょうど良さそうと判断し、
久しぶりに緑を見に行きました。

善福寺川緑地公園2
ちょっとした森林浴。すはー。

元は自然林だった公園のため巨木ばかり。見上げると四方から枝葉が広がっています。
昭和30年代の中頃、河川を改修したときに人工の池を造り、周辺を整備して公園に
したとのことですが、そのおかげで貴重な野鳥が多く訪れ、バードウォッチングのメッカと
なっているのだそうです。

どうりで、そこかしこに、長ーいレンズを付けた いいカメラが三脚に据えられて林立し、
ちょっとした事件現場のようなわけだ(笑

今年はここでカワセミのヒナが6羽も孵り、それが新聞にも取り上げられたこともあって、
例年より写真を撮りにくる人が多いのだと聞きました。
私たちもカワセミが来るかとカメラを構えてちょっと待ってみましたが、会えませんでした。

・・それ以前にレンズが短くて、いや、それよりもNIKON D60ではあまりにも肩身が狭く、
お仲間に入れていただくには、最低でもD90、できればD700クラスのカメラに
Nikkor ED 180mm F2.8D、Nikkor ED 300mm F4Dあたりのレンズ装着の必要が
あるようです。

まぁ、D60標準レンズでは、確かに無理っぽい・・だって・・

Q:子ガモはどこにいるでしょう?
善福寺川緑地公園1

あ~~撮った本人にもわからない・・
こんなんじゃ、もし出会えても虫だか、カワセミだかわからないだろうし、もしかしたら
葉っぱに紛れてそれすら判別できないかも、とすごすご退散。

待ってろよ、いつかカワセミの羽ばたきを撮ってやる!

と歯噛みをしながら、帰る途中、うまいパン屋で焼きたてバゲットサンドを買い、食し、
それにごまかされ、まぁまぁ満足しちゃった早朝ツアーとなりました。

ちなみに私はクロスバイクとは名ばかりのLOUIS GARNEAU TR-2というママチャリに
毛が生えた程度のもの、連れはCannondale QUICK 5というもう少しだけ上位ランクの
自転車なのですが、やっぱり近所にお買い物程度じゃないと差をつけられて悔しいです。

いい自転車と、いいカメラと、いいレンズが欲しい!・・と、またもや止めどない私の
物欲魂に火がついてしまったのでした。森林浴効果で食い止められるか・・?


translate

powered by 3ET

profile

COG

Author:COG
2008年8月8日に18年間
連れ添った愛猫ダダを亡くし、
もう飼わないと心に誓って
いたのに結局また黒猫達の
飼い主になりました。
2008年9月生まれのCogitoと
2008年5月生まれのErgo、
精力的に活動中。
黒猫2代目と3代目の日々を
ぼちぼち綴ります。

DADA

Cogito&Ergo

recent entry

new comment

category

monthly archive

you can do it

いつでも里親募集中

FC2 counter

ranking

admin menu2

WEBコンサルティング joomlaでホームページ制作 ブログパーツ制作

online counter

現在の閲覧者数:

calendar

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

clock

電力使用状況グラフ

photo

link

books1

どうも私はお台場とか汐留とか、ああいう 再開発系エリアが好きになれません。(もし住んでいる人がここに遊びに来てくれていたらごめんなさい。) 田舎者と思われるかもしれませんが、 六本木ヒルズも嫌いです。 青山だって西麻布だって麻布十番だって、 やっぱり昔の方が良かった。 笄町や霞町なんて雰囲気あったもんなぁ。   今じゃ神楽坂の裏道とか代官山の一部や下町にしか、 その土地の空気を感じられなくなった気がする。 もちろん狭くて地価の高い東京のどこも かしこもを、いかにもっと収益を上げられる エリアに変貌させブランド化できるかは、 一部の企業にとっては死活問題だと思うけど、 Produced by・・と海外著名建築家をゼネコンが 引っ張って来てコーディネーションし、周辺環境 との調和も考えず、似たり寄ったりな高層ビルを 建てるのはもう飽き飽き、と思ってた。 だからと言って、中途半端に個性を主張しようと 大金を投じた挙げ句ちゃちなテーマパークのような建物を 建てられると、それはそれでいたたまれない。 東京のどこかの街に立って、高いビルやその隙間から 見える空を見上げるとき、自分が今どこにいるのか わからなくなる、あのちょっとした不安感と切なさに 似た気持ちは、まるであまり知らない海外の都市で 感じるような居心地の悪い寂しさに近い。 なんで東京はこんなになっちゃったんだろう、と 寂しく手に取った1冊。 とにかくそんなになった理由は少しわかった気がする。(COG)

books2

猫インテリア・・と言う割には後半は猫以外にも、うさぎ、亀、モルモット、はては金魚まで登場のインテリアブックです。ポストカード付き。 みなさん、いかにもペット飼ってます、という雰囲気なく暮らしているのに、それでいて一緒に暮らしている猫達は幸せそう。ちゃんと一緒に暮らすマナーを教え、猫の嗜好を理解し、必要なものをきちんと与えていれば、人間の趣味も抑制することなく気持ちよく暮らせるんですね。(COG)

books3

たまりません。ヒントもいっぱい、参考になります。猫用に部屋をカスタマイズしたいと思う方、日本のペット・グッズなどに抵抗のある方はぜひ!(COG)

出版社/著者からの内容紹介 本書は日本で初めて、世界じゅうのいぬとねこのインテリアを1冊にまとめたものです。ひとたび、ペット愛好家のおうちを見ると、そこには専用ベッド、スタイリッシュなペットハウス、壁やドアに施された通り穴、ねこのための階段、ネコタワー、階段下や家具のすき間などデッドスペースの活用etc. 愛すべきペットへの愛情がはっきりとしたデザインとなっていることを目の当たりにすることができます。  本書では、こうしたペットと人間が共存する、先進的なインテリアに対する取り組み例を、パリ、ロンドン、ミラノ、ニューヨークといった海外の主要都市のほか、日本国内からも多数紹介。さらにペットにまつわる各国の最新事情もあわせて掲載しました。また、国内で買うことができるペットハウス、フードボウル、ペットトイetc. 多岐に渡るペットグッズのジャンルの中から、“デザイン重視”で厳選して掲載。   内容(「MARC」データベースより) ペットのデザイングッズ200点紹介、海外のおしゃれないぬ・ねこルーム大公開、ペットのためのセレクトショップやLOHASなカフェなどのトピックほかを掲載する。 出版社からのコメント 巻頭には、MoMAでも認められた“アニマルラバーバンド”を封入するなど、まさに充実の1冊に仕上がりました。

books4

これが私が買ったクリアファイルのNOROちゃんの本です。ヨーロッパ各国を飼い主夫婦と旅して撮った写真がいっぱい。飛行機乗せられたり、ちょっとかわいそーとも思ったけど、こんな素敵な写真が撮れるなら試してみたい気も・・私だけじゃなく、黒猫飼い主さんならその気になりそう。(COG)

生花店の看板猫「ノロ」が、飼い主夫婦と共にヨーロッパを旅することになりました。 旅のはじまりから終わりまで、素敵なPHOTOと可愛いデザイン、便利な情報がこの本の肝。旅好き猫好きの皆さんは、トキメかずにはいられない1冊です! [旅の主な行程] 日本→パリ→ドイツ(バーデンバーデン)→スイス<アルプス越え、インターラーケン>→イタリア(ミラノ、トリノ、イタリアンリビエラ、ニース、モナコ)→スイス→ドイツ(アウトバーン)→デンマーク<フェリー>→スウェデン→オランダ→ベルギー→パリ→日本 [著者プロフィール] 平松謙三 1969年岡山生まれ。東京都在住。デザイナー。妻と共に西荻窪で生花店『la hortensia azul』を経営。 幼少の頃から鳥を飼いつづけ、30年猫嫌いで通すも、なぜか今では大の猫好きに。趣味は旅行と乗り物全般、お茶。 内容(「BOOK」データベースより) ヨーロッパでなつやすみを過ごすハメになった黒猫ノロの、不本意ながらも楽しいバカンス。猫好き、旅好きも羨むエピソード&ハウツーが満載。

ブロとも?

bbs

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。