Cogito Ergo 住む

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
09
 
コギビブ
コギが見当たらないと思ったら、天井近くのスペースに
ちんまりと潜んでました。
ここは前猫ダダも好きだった場所。
だから同じ場所で撮ったダダが寝ている写真を飾っています。

やっぱり猫は高いところが好きなんだなぁ。
キャットタワー、買ってやった方がいいのかなぁ。

でもキャットタワーって結構ボリュームあるから、
万が一気に入らなかったらすっごく邪魔になりそう。

それでなくても段ボールハウスランドリーバッグ
スクラッチポールなどがどんどん床面積を奪っているので、
これ以上、猫物が増えたら人間が暮らせなくなっちゃう。

で、今、検討中なのがキャットウォーク
これは、壁に沿うハシゴ状のものに、棚板のようなステップと
ハンモックを任意の場所に取り付けることができるというものです。
値段的に仕方ないとは言え、棚板の裏の処理など、若干、ちゃちさを感じます。

ただ、これなら構造上、抜けずに出っ張った耐力壁に取り付けられるので、
普段邪魔に感じるその壁も生きるし、彼らもブラインド越しだけど
大好きな外も見られる。

だけど本当にそんな一石二鳥的に押し付けられたような物で
ヤツらは満足して活用してくれるんだろうか・・と思うと、二の足を
踏んでしまい、未だ購入に至っていません。

絶対に喜んで遊ぶと確信できたら買うんだけどなぁ。
猫は気まぐれ、わがままだから不安です。
使わなかったら室内用洗濯物干しくらいにしかならないもんね。

Comment

2009.04.11 Sat 00:18  |  ついつい買っちゃうんですよねー>ちぃ♪さん

> ねこのモノって、なんだか知らないけど、増えますよね~
> で、気にいってくれればいいけど、気にいってくれないと・・・
人間好みバージョンと、人間には理解できないけれど
猫好みバージョンのモノは別なことが多いようで、
気が付くと猫物で溢れかえってますよね・・

> つめとぎ?くらいですが・・・棚に登るための踏み台になってるだけです・・・泣
棚とかがあれば、それでいいんでしょうね、きっと。
とにかく上下運動できれば満足そうですもんね。

> それにしても、どうして高いところに、乗るんだろうか・・・
> あぶないのに・・・
やっぱり微かに残っている「野生の血」的な物ではないかと。
でも落下とか怪我が気になってハラハラしますよねー。

2009.04.10 Fri 22:54  |  

ねこのモノって、なんだか知らないけど、増えますよね~

で、気にいってくれればいいけど、気にいってくれないと・・・

わが家は、せっまいので、タワー系は、一切ありません。
つめとぎ?くらいですが・・・棚に登るための踏み台になってるだけです・・・泣

それにしても、どうして高いところに、乗るんだろうか・・・
あぶないのに・・・

2009.04.10 Fri 18:44  |  キャットウォーク人気ですねー>テラコッコさん

> 我が家では、猫タワー作っちゃったんですが、二階のお日向ぼっこ部屋に、この、キャットウォーク欲しいな~って、密かに、思ってました!!

手作り猫タワー?すごい!見たい!どこかにアップしてます?
それにしてもキャットタワー、結構人気ありますねー。
ここに遊びに来てくれるいちさんも検討したとか。
やっぱり省スペースには心惹かれますよねー。

> でも、やっぱり、わたしも、もし気に入ってくれなかったら。。。って、思案中~
さぁて、ファーミネーターの時のように、誰が先に買うか(笑
誰かが買って反応よかったら続きそうですね。
テラコッコさん、お先にお願いします(笑

> そうやって、見向きもされなかったオモチャ達がたくさんありますしね~(^^;
そんなのばっかりですよね。
猫の無駄遣いやめたら旅行とか行けそう・・

2009.04.10 Fri 18:24  |  またか(笑>いちさん

> なぜ同じ物を検討するのだろうか(笑
ホントにね・・。なんなんだろう。不思議すぎ。

> これは考えた~!あとこれ
私もこれ見たよ(苦笑
でもこれ、台座は小さくてもボックスの奥行き結構あるんだよね。
となると乗り降りのスペース含めるとやっぱり場所取る~と思って。

私のリンク先のakiraさん宅で、ペッツデポ オリジナルの
キャットタワー UFOを使っていて、写真見るとすっきりしてて
素敵なんだけど、大きいんだよね。
それくらいゆとりがあると猫も楽しいんだろうとは思うんだけど・・。

届いて慌てるのは嫌だから、ひたすらメジャーで測りまくってるけど、
みんなエラいよなー、と感心するくらい大きいよね。
その上、気に入るかもわからないから、ホントお試ししたーい。

白亜のお絵描きハウス、超邪魔!
開いたドアや窓にしょっちゅう足引っ掛けて、チッって感じ(苦笑
そろそろ解体撤去しようかな。

> やっぱある程度「くつろげるゆとり」と「窓の外が見える」ってのがポイントっぽいぞ!
・・となるとキャットウォーク、ダメっぽくない?
あれもステップだよね、基本。
ハンモック増設しようにもさほど幅ないから二段ベッドみたいになりそう。
もう少し幅あってもいいよね、あと棚板の奥行きも。
あれじゃ、コギはともかく、エルは寝られないな(笑

コギは高いところが無性に好き。
そう言えば、ジャンプ力も増して、最近では140cmの高さにした
キッチン侵入防止柵も平然と乗り越えてる。
平地とほとんど変わらないくらい、ひょっと柵の上に乗って、
キッチンの中にいる誰彼構わず肩を見つけると飛び乗るのよ。
なんのための柵だって(怒

> 毎度ですがこの「あら」顔、します(笑
なんか御用?顔ね。ホントに善悪の概念プリーズ!って感じ・・

>  今日思い出した。三種爛漫!(すごくないか変換?)
ありえないよ、この変換。最近ワクチンでも打った?
・・って、私も試したら「見主爛漫」。
マックのことえりはやっぱり頭悪い。
昔々のことえりで、「スキャニング」って打とうと思ったら
「好きゃ人具」って出てきて腹立ったことがある。(余談)

2009.04.10 Fri 18:04  |  

我が家では、猫タワー作っちゃったんですが、二階のお日向ぼっこ部屋に、この、キャットウォーク欲しいな~って、密かに、思ってました!!

でも、やっぱり、わたしも、もし気に入ってくれなかったら。。。って、思案中~
そうやって、見向きもされなかったオモチャ達がたくさんありますしね~(^^;
  • #-
  • テラコッコ
  • URL
  • Edit

2009.04.10 Fri 17:58  |  結局猫なんて・・と言いつつかわいい>@naokoさん

今までどれだけ猫につぎ込んで無駄にしてきたか・・。
(その一部が明日黒猫城に届くのかも(笑))

高いところに登るだけなら階段もあるし、勝手に色々やってるんですが、
やっぱり外も見たいらしい。
うちはベランダの柵が壁なので、普段過ごしているリビングの窓からは
彼らには空しか見えないんですよ。

もう少しいい子になれば家中を解放してやるんだけど、今のところは
基本的にはその部屋中心じゃないと外に飛び出しそうなので、
仕方なくその部屋の窓際に外を見下ろせるような場所を用意して
やるしかないか、と・・。

> でも、どーせヤツらはボロボロにしちゃうねん。ウチなんかもうひどいよ。しくしく。

ありゃりゃー、もしや黒猫城、キズだらけ?
そりゃー、あんなに大勢抱えていれば仕方ないかも・・。
結局、今はふぅちゃん、あーちゃん抜いた預かりさん達は
何匹いるんでしたっけ?

2009.04.10 Fri 17:22  |  チョココロネパンみたいなキャラクター

なぜ同じ物を検討するのだろうか(笑
これは考えた~!あとこれ
http://shop.yumetenpo.jp/goods/d/cat-tower.jp/g/cat-sale-orenge/index.shtml
タワー寸法を見てさ~実際の部屋で巻き尺あてるとギョッ!とするでっかさだよね。COG家の白亜のお絵描きハウスも相当大きそうだが(笑
タワーはもし不評だったら、あまりにデカイ燃えないゴミか~><って、買うのオドオドしちゃう。お試しレンタルとかしたいっq

うちので言うと、2Fのキャット棚ーはさほど人気でない。
通る幅しかないからかな~アトラクション的使用のみ(相変わらずモノを落として遊んでる)
やっぱある程度「くつろげるゆとり」と「窓の外が見える」ってのがポイントっぽいぞ!

コギっち可愛いね^^
天井近くだから結構高い所、へいちゃらなコなんだね~。こんくらいシッカリ&広々してたら登られても安心だな^^
毎度ですがこの「あら」顔、します(笑

*キャラクターの名前なんだっけかー><と思い出せず。
 今日思い出した。三種爛漫!(すごくないか変換?)

2009.04.10 Fri 10:01  |  

そうよね~。用意したものには見向きもしない、というのはよくあります。本棚とかがあれば充分かなと思いますけど…。
階段箪笥とかは猫に受けそうかとは思いますね。
でも、どーせヤツらはボロボロにしちゃうねん。ウチなんかもうひどいよ。しくしく。
  • #-
  • @naoko
  • URL
  • Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://cogitoergosumu.blog24.fc2.com/tb.php/70-db33a9d6

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

translate

powered by 3ET

profile

COG

Author:COG
2008年8月8日に18年間
連れ添った愛猫ダダを亡くし、
もう飼わないと心に誓って
いたのに結局また黒猫達の
飼い主になりました。
2008年9月生まれのCogitoと
2008年5月生まれのErgo、
精力的に活動中。
黒猫2代目と3代目の日々を
ぼちぼち綴ります。

DADA

Cogito&Ergo

recent entry

new comment

category

monthly archive

you can do it

いつでも里親募集中

FC2 counter

ranking

admin menu2

WEBコンサルティング joomlaでホームページ制作 ブログパーツ制作

online counter

現在の閲覧者数:

calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

clock

電力使用状況グラフ

photo

link

books1

どうも私はお台場とか汐留とか、ああいう 再開発系エリアが好きになれません。(もし住んでいる人がここに遊びに来てくれていたらごめんなさい。) 田舎者と思われるかもしれませんが、 六本木ヒルズも嫌いです。 青山だって西麻布だって麻布十番だって、 やっぱり昔の方が良かった。 笄町や霞町なんて雰囲気あったもんなぁ。   今じゃ神楽坂の裏道とか代官山の一部や下町にしか、 その土地の空気を感じられなくなった気がする。 もちろん狭くて地価の高い東京のどこも かしこもを、いかにもっと収益を上げられる エリアに変貌させブランド化できるかは、 一部の企業にとっては死活問題だと思うけど、 Produced by・・と海外著名建築家をゼネコンが 引っ張って来てコーディネーションし、周辺環境 との調和も考えず、似たり寄ったりな高層ビルを 建てるのはもう飽き飽き、と思ってた。 だからと言って、中途半端に個性を主張しようと 大金を投じた挙げ句ちゃちなテーマパークのような建物を 建てられると、それはそれでいたたまれない。 東京のどこかの街に立って、高いビルやその隙間から 見える空を見上げるとき、自分が今どこにいるのか わからなくなる、あのちょっとした不安感と切なさに 似た気持ちは、まるであまり知らない海外の都市で 感じるような居心地の悪い寂しさに近い。 なんで東京はこんなになっちゃったんだろう、と 寂しく手に取った1冊。 とにかくそんなになった理由は少しわかった気がする。(COG)

books2

猫インテリア・・と言う割には後半は猫以外にも、うさぎ、亀、モルモット、はては金魚まで登場のインテリアブックです。ポストカード付き。 みなさん、いかにもペット飼ってます、という雰囲気なく暮らしているのに、それでいて一緒に暮らしている猫達は幸せそう。ちゃんと一緒に暮らすマナーを教え、猫の嗜好を理解し、必要なものをきちんと与えていれば、人間の趣味も抑制することなく気持ちよく暮らせるんですね。(COG)

books3

たまりません。ヒントもいっぱい、参考になります。猫用に部屋をカスタマイズしたいと思う方、日本のペット・グッズなどに抵抗のある方はぜひ!(COG)

出版社/著者からの内容紹介 本書は日本で初めて、世界じゅうのいぬとねこのインテリアを1冊にまとめたものです。ひとたび、ペット愛好家のおうちを見ると、そこには専用ベッド、スタイリッシュなペットハウス、壁やドアに施された通り穴、ねこのための階段、ネコタワー、階段下や家具のすき間などデッドスペースの活用etc. 愛すべきペットへの愛情がはっきりとしたデザインとなっていることを目の当たりにすることができます。  本書では、こうしたペットと人間が共存する、先進的なインテリアに対する取り組み例を、パリ、ロンドン、ミラノ、ニューヨークといった海外の主要都市のほか、日本国内からも多数紹介。さらにペットにまつわる各国の最新事情もあわせて掲載しました。また、国内で買うことができるペットハウス、フードボウル、ペットトイetc. 多岐に渡るペットグッズのジャンルの中から、“デザイン重視”で厳選して掲載。   内容(「MARC」データベースより) ペットのデザイングッズ200点紹介、海外のおしゃれないぬ・ねこルーム大公開、ペットのためのセレクトショップやLOHASなカフェなどのトピックほかを掲載する。 出版社からのコメント 巻頭には、MoMAでも認められた“アニマルラバーバンド”を封入するなど、まさに充実の1冊に仕上がりました。

books4

これが私が買ったクリアファイルのNOROちゃんの本です。ヨーロッパ各国を飼い主夫婦と旅して撮った写真がいっぱい。飛行機乗せられたり、ちょっとかわいそーとも思ったけど、こんな素敵な写真が撮れるなら試してみたい気も・・私だけじゃなく、黒猫飼い主さんならその気になりそう。(COG)

生花店の看板猫「ノロ」が、飼い主夫婦と共にヨーロッパを旅することになりました。 旅のはじまりから終わりまで、素敵なPHOTOと可愛いデザイン、便利な情報がこの本の肝。旅好き猫好きの皆さんは、トキメかずにはいられない1冊です! [旅の主な行程] 日本→パリ→ドイツ(バーデンバーデン)→スイス<アルプス越え、インターラーケン>→イタリア(ミラノ、トリノ、イタリアンリビエラ、ニース、モナコ)→スイス→ドイツ(アウトバーン)→デンマーク<フェリー>→スウェデン→オランダ→ベルギー→パリ→日本 [著者プロフィール] 平松謙三 1969年岡山生まれ。東京都在住。デザイナー。妻と共に西荻窪で生花店『la hortensia azul』を経営。 幼少の頃から鳥を飼いつづけ、30年猫嫌いで通すも、なぜか今では大の猫好きに。趣味は旅行と乗り物全般、お茶。 内容(「BOOK」データベースより) ヨーロッパでなつやすみを過ごすハメになった黒猫ノロの、不本意ながらも楽しいバカンス。猫好き、旅好きも羨むエピソード&ハウツーが満載。

ブロとも?

bbs

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。