Cogito Ergo 住む

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
22
 
結局シルバー・ウィークはたった1日、それも割合近場へ出かけて終わりました。

まず、ずっと行こうと思っていたのになぜか行けなかった中目黒のateliers PENELOPEへ。
ここは主にパラフィン加工を施したとても素敵な色目の帆布でバッグや小物を
1Fのアトリエで製造、2Fのショップで販売しているお店です。
ネットでも販売されているのですが、やっぱりバッグは実際持ってみないと、と
実店舗に行くのを楽しみにしていました。

古いアパートのような建物と少しくすんだ色目の帆布がとてもよく似合う
雰囲気のいいお店でした。
そしてその窓から見える小松製作所(建設機械・重機械のメーカーではなく、
気象観測装置の方の会社らしい。屋上に風速計らしきものが何本か見えた)
本社研究室のかっこいいこと!!
何色ものガラスブロックが積み上げられたような建物でウットリ。

肝心のバッグは、結局、いくつか狙っていたバッグが生産終了になっていたり、
好きな色だけなかったりと、何も買えずにがっくりとお店を後にしたのでした。

その後、港北IKEA方面に向かうべく駒沢付近を走っていたところ、見覚えのある
看板が目に入りました。
中学生の頃からずっと尊敬しているイラストレーターの大橋歩さんのお店IOGです。
移転されてから正確な場所を把握していなかったためまだ行けずにいたので、
喜び勇んでお邪魔しました。

最近お洋服にも力を入れていらっしゃって、普段私は絶対着ないワンピースなんかも
ちょっと着てみたい気にさせられましたが、今回は帆布ショルダーバッグを購入。
縦にも横にも大きめでひもも長いので、斜め掛けするとかわいかったんです。

ようやく夕方結構な時間になってIKEAに到着。なのに、想像以上に大混雑でした。
あんなに車で埋まったあの巨大駐車場を見るのは初めてだったかも。
県外のナンバーもかなり見かけたので、やっぱりこういうタイミングには
来るもんじゃないと反省しました。なので早々に欲しかったものだけ入手して退散。

エルコギIKEAひざ掛け
今回のIKEAの戦利品、ひざ掛け(というけど結構大きい。ブランケットサイズ)

写真撮ろうとソファーに広げたら案の定わさわさしてくる2匹。
お願いだから爪引っかけないでね・・!

エル黒い椅子IKEAクッション
ひざ掛けに合わせた水玉クッション(裏はオレンジ)

最後に赤坂 一点張 たまプラーザ店で味噌ラーメンを食べてイベント終了。
このお店は以前近くに住んでいた頃、遅くまで開いていることもあってずいぶん
お世話になりました。懐かしい思い出の味です。

出不精な私なので、たまに人混みに出ると無性に疲れました。やっぱり家でうだうだが一番。

Comment

2012.10.11 Thu 13:26  |  承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • #
  • Edit

2010.09.30 Thu 18:40  |  倒れるなよーT T>いちさん

う、徹夜明け・・
そんな中でコメいらんから。少しでも寝てくれ。

やっぱしガングリアではない気が。
もうなんでもいいや、小さくなってきたから。
あ、でも、ガングリアなら注射で吸えるのね??
次回それっぽかったら吸うことも検討するわ・・(怖いけど)

関西ものってそんなにかわいいのか。
派手なイメージがあるんだが、そうだよね、系統によっては
その方が断然かわいいもんね。

ま、とにかくもう一踏ん張りしてその仕事を終わらせて
京都じゃなくてもいいから買い物行っといで!!

>いろいろ重くなる旅なのです(・_・b →自慢してどうするw

2010.09.29 Wed 07:31  |  

akiraさん、この時は結局トートバッグも買い、
買った物を詰め込んで帰ったのですよ・・・・フフ

普通にお菓子やお土産ものも買ってしまうし、
道々、買い食いもしてしまうので(苦笑)
いろいろ重くなる旅なのです(・_・b

COGさん、ガングリア(?かな。私も手首とかにたまに出来るよ。注射でちゅ~っと吸うやつ・・・)大丈夫?
わたし徹夜明け~♪まだ終わらないのルル~♪

思うにカラーバリエが違う(あ、関西東京比較ね!)
東京は、メイン黒白グレー(あるとしたら赤?)みたいな感じがあるけど~あと柄物もやっぱり西の方が見つけやすいような・・・店頭のイチ押しディスプレイが違うだけでモノ全体は同じかなあ。
ストラップがひと味可愛いフラットシューズを買ったのよ(^^)可愛げなものも関西のがストレートか?
買い物いきてえー!麩まんじゅうも食べたい・・・
最近コメスピードに追いつけまへん・・・T-T)
ガタカ、観たくなっちゃったじゃないよー!蔦屋にあるかしらん。
  • #eyFua8cs
  • いち
  • URL
  • Edit

2010.09.25 Sat 09:38  |  

>いちさん
そうなんですか^^
確かに駅ビル立派になりましたもんね^^
京都と大阪でも、売っている服のテイストってちょっと違ったりする気がしますよ。
京都はもしかしたら大人しめな物の方が売れるのかもしれないですね^^

でも、鞄に靴入れて観光って大変じゃないですか?(笑)

2010.09.24 Fri 19:48  |  一気にまとめたね?>いちさん

確かに豆しぼっぽいよね。実際はしぼではなく織りなんだけども。
結構厚手で重いのでひざ掛けとしてはどうかと。雰囲気もんね。

ペット博、なぜか東京素通り、上海、名古屋、福岡、大阪、横浜で開催、
だけど順不同なのよん、という謎な順番。いったい何順なんだ!!??
と、つまらないことで腹を立てました。失礼。

おたふくさぁ、どうも違う説、濃くなってきててー。
今日、医者から出た単語としては「腫瘍」・・かも?なんて。
そういうことなら、私としては「脂肪腫」あたりが怪しいと思うんだが、
(なぜなら既に他のところにあるから)顔のそばってことになると
いつまで放置するかも微妙だよね、とか色々面倒な気分だわよ。

お兄さん、おたふくで重篤になったの!?
話には聞くけど、やっぱり大変なんだ??
後遺症は残らなかった?ひゃー。

京都は小・中の修学旅行で行ったっきり、神戸は未踏。
日本人としてこれじゃいか~ん!
なに、駅ビルに素敵な靴屋さんがあるわけ?
どんな風に品揃えが違うのか詳細キボウ。
いつかヤツらを置いて、京都に行ってやる!!

毛糸もす(同じく変換ダメダメ)じゃない?
あそこまでホネホネしてない感じ?
ガタカの頃のユマ・サーマンなんてんだったら素敵~。

大橋さんね、確かにピンクハウスのイメージ強いけど、
作ってる洋服は黒とか紺が多いんだよ。せいぜい赤とか。
わりとたぽーんとしたシンプル系。
年配の女性が着る服が減るから、って作り始めたと読んだような。
ギャルソンとズッカが好きという70歳に私もなりたい!!

2010.09.24 Fri 06:42  |  でっかい豆しぼいいね~

私もペット博、ぐぐってしまった^^
犬を連れてにぎやかに~って感じなのかなって思ってね。
猫飼いさん連って「潜んでいる」よね~(笑)そして意外に身近にたくさん居るのよ!情報交換したいな。

おたふく、「ひっ」と思ったけど、軽い場合もあるんだね。(重篤になった大人を知っている=兄w)
でも重くしないようにお大事に!!片エラ気の毒(笑
おととい猛暑で、昨日は激サム嵐だったから、ここぞとまったりしてください。
そろそろぜんざいが食べたくなってきたわー

akiraさん、わたくしは京都神戸に行きますと、
観光そっちのけで買い物に血走ってしまいます。
東寺に行く前に!いきなり駅ビルで足止め(苦笑)カバンに買い込んだ靴を入れて歩き回る…^^;
品揃えがなにかが!違う気がします。

*こないだから「毛糸もす(ああ変換が)」ではないよなー…と、無意味に苦悩(笑
もうちょっと綺麗なラインってーか、ごりっとしてないってーか。。。う~んって考えて
若い頃のユマサーマン。・・・ん~~~またちとちがーう
私もピンクハウスは無理です。生まれが違ったらぜひ着たいです。ちがう系なのかな?
  • #eyFua8cs
  • いち
  • URL
  • Edit

2010.09.23 Thu 00:35  |  ありがとうございます>akiraさん

今日みたいな内容ってコメントしにくいタイプのものですよね。
撮った写真の後付けのような形で書いてしまったのですが、
あとで読み返して「だからどうした系」だなと猛省してました。
それにも関わらずのコメント、ありがとうございました。

でも黒い椅子の写真、ちょっといい感じに撮れてますでしょ?w
しっぽさえ切れてなかったらかなりいいおさまりではないかと(自画自賛)
それでついつい・・(苦笑

この椅子は昔々の(今はなき)秋田木工のものです。
形は気に入って買ったけど、とても変な色の生地だったので、
後から張り替えました。
カリモクとかマルニあたりで雰囲気のいいの出してますよねー。
椅子、欲しいのだらけですけど床面積に限りがあるので、そうは増やせないです。
akiraさんのお宅はまだまだ床に余裕があるようにお見受けしてますが?

大阪、京都、神戸、いいじゃないですか!!断然東京よりおもしろそう!
やっぱり人間無い物ねだりですねーw

ペット博、検索してみました。・・犬を飼っている子供連れのご家族向きって雰囲気?
ちょっとakiraさんのイメージからは遠そうな気がしましたw
お疲れさまでした!

2010.09.22 Wed 22:30  |  

やっぱり東京っておもしろそうですね~^^
大阪や京都、神戸もまぁおもしろいといえば
面白いんですが……。なんかどこか違うのは確かなんですよね(笑)
この椅子、なんか良いですね~。
最近実は新しい椅子が密かに欲しかったりしてます(笑)

しかもこの写真、なんだか良い色でてますね~^^

ペット博、毎年全国の何カ所かで行われているイベントなのですが、初めて行ったのですが、ここだけの話、個人的には「失速した?」って感じというか……。
なんとも表現し辛い感じでした……。
ボクもひとごみは苦手なんで、疲れにいっちゃったみたいでした。






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://cogitoergosumu.blog24.fc2.com/tb.php/176-d87854f2

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

translate

powered by 3ET

profile

COG

Author:COG
2008年8月8日に18年間
連れ添った愛猫ダダを亡くし、
もう飼わないと心に誓って
いたのに結局また黒猫達の
飼い主になりました。
2008年9月生まれのCogitoと
2008年5月生まれのErgo、
精力的に活動中。
黒猫2代目と3代目の日々を
ぼちぼち綴ります。

DADA

Cogito&Ergo

recent entry

new comment

category

monthly archive

you can do it

いつでも里親募集中

FC2 counter

ranking

admin menu2

WEBコンサルティング joomlaでホームページ制作 ブログパーツ制作

online counter

現在の閲覧者数:

calendar

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

clock

電力使用状況グラフ

photo

link

books1

どうも私はお台場とか汐留とか、ああいう 再開発系エリアが好きになれません。(もし住んでいる人がここに遊びに来てくれていたらごめんなさい。) 田舎者と思われるかもしれませんが、 六本木ヒルズも嫌いです。 青山だって西麻布だって麻布十番だって、 やっぱり昔の方が良かった。 笄町や霞町なんて雰囲気あったもんなぁ。   今じゃ神楽坂の裏道とか代官山の一部や下町にしか、 その土地の空気を感じられなくなった気がする。 もちろん狭くて地価の高い東京のどこも かしこもを、いかにもっと収益を上げられる エリアに変貌させブランド化できるかは、 一部の企業にとっては死活問題だと思うけど、 Produced by・・と海外著名建築家をゼネコンが 引っ張って来てコーディネーションし、周辺環境 との調和も考えず、似たり寄ったりな高層ビルを 建てるのはもう飽き飽き、と思ってた。 だからと言って、中途半端に個性を主張しようと 大金を投じた挙げ句ちゃちなテーマパークのような建物を 建てられると、それはそれでいたたまれない。 東京のどこかの街に立って、高いビルやその隙間から 見える空を見上げるとき、自分が今どこにいるのか わからなくなる、あのちょっとした不安感と切なさに 似た気持ちは、まるであまり知らない海外の都市で 感じるような居心地の悪い寂しさに近い。 なんで東京はこんなになっちゃったんだろう、と 寂しく手に取った1冊。 とにかくそんなになった理由は少しわかった気がする。(COG)

books2

猫インテリア・・と言う割には後半は猫以外にも、うさぎ、亀、モルモット、はては金魚まで登場のインテリアブックです。ポストカード付き。 みなさん、いかにもペット飼ってます、という雰囲気なく暮らしているのに、それでいて一緒に暮らしている猫達は幸せそう。ちゃんと一緒に暮らすマナーを教え、猫の嗜好を理解し、必要なものをきちんと与えていれば、人間の趣味も抑制することなく気持ちよく暮らせるんですね。(COG)

books3

たまりません。ヒントもいっぱい、参考になります。猫用に部屋をカスタマイズしたいと思う方、日本のペット・グッズなどに抵抗のある方はぜひ!(COG)

出版社/著者からの内容紹介 本書は日本で初めて、世界じゅうのいぬとねこのインテリアを1冊にまとめたものです。ひとたび、ペット愛好家のおうちを見ると、そこには専用ベッド、スタイリッシュなペットハウス、壁やドアに施された通り穴、ねこのための階段、ネコタワー、階段下や家具のすき間などデッドスペースの活用etc. 愛すべきペットへの愛情がはっきりとしたデザインとなっていることを目の当たりにすることができます。  本書では、こうしたペットと人間が共存する、先進的なインテリアに対する取り組み例を、パリ、ロンドン、ミラノ、ニューヨークといった海外の主要都市のほか、日本国内からも多数紹介。さらにペットにまつわる各国の最新事情もあわせて掲載しました。また、国内で買うことができるペットハウス、フードボウル、ペットトイetc. 多岐に渡るペットグッズのジャンルの中から、“デザイン重視”で厳選して掲載。   内容(「MARC」データベースより) ペットのデザイングッズ200点紹介、海外のおしゃれないぬ・ねこルーム大公開、ペットのためのセレクトショップやLOHASなカフェなどのトピックほかを掲載する。 出版社からのコメント 巻頭には、MoMAでも認められた“アニマルラバーバンド”を封入するなど、まさに充実の1冊に仕上がりました。

books4

これが私が買ったクリアファイルのNOROちゃんの本です。ヨーロッパ各国を飼い主夫婦と旅して撮った写真がいっぱい。飛行機乗せられたり、ちょっとかわいそーとも思ったけど、こんな素敵な写真が撮れるなら試してみたい気も・・私だけじゃなく、黒猫飼い主さんならその気になりそう。(COG)

生花店の看板猫「ノロ」が、飼い主夫婦と共にヨーロッパを旅することになりました。 旅のはじまりから終わりまで、素敵なPHOTOと可愛いデザイン、便利な情報がこの本の肝。旅好き猫好きの皆さんは、トキメかずにはいられない1冊です! [旅の主な行程] 日本→パリ→ドイツ(バーデンバーデン)→スイス<アルプス越え、インターラーケン>→イタリア(ミラノ、トリノ、イタリアンリビエラ、ニース、モナコ)→スイス→ドイツ(アウトバーン)→デンマーク<フェリー>→スウェデン→オランダ→ベルギー→パリ→日本 [著者プロフィール] 平松謙三 1969年岡山生まれ。東京都在住。デザイナー。妻と共に西荻窪で生花店『la hortensia azul』を経営。 幼少の頃から鳥を飼いつづけ、30年猫嫌いで通すも、なぜか今では大の猫好きに。趣味は旅行と乗り物全般、お茶。 内容(「BOOK」データベースより) ヨーロッパでなつやすみを過ごすハメになった黒猫ノロの、不本意ながらも楽しいバカンス。猫好き、旅好きも羨むエピソード&ハウツーが満載。

ブロとも?

bbs

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。