Cogito Ergo 住む

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
03
 
ご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんが、先日こんなニュースを目にしました。

「不吉な」黒猫、10月に虐待が増加=英動物愛護団体
2009年 10月 29日 17:03 JST[ロンドン 28日 ロイター]

英王立動物虐待防止協会(RSPCA)は28日、魔女と結び付けられやすい黒猫に対する
虐待が、英国ではハロウィンの季節に増加していることを明らかにした。

 また、RSPCAによると、黒猫がシェルターに保護された場合、引き取り手が見つかる
までに時間がかかることも多いという。

 保護施設のマネジャーを務めるビバリー・リービー氏は、「残念なことに、引き取りの
候補から黒猫が除かれることはよくあるが、素晴らしいペットになる」と訴えた。

 黒猫にまつわる迷信は国によって様々だが、道を横切ると不吉とされるものは多くの国で
見られる。
起源については、中世のヨーロッパでペスト流行の原因と考えられたなど諸説がある。


・・大変失礼ながら、バ○なんじゃないか。何世紀に暮らしてるんだろうか。

まぁ、もちろん多くのイギリス人は良識のある国民だと信じていますが、とは言え、
こうやってニュースになるくらいの件数ではあった訳で、そうなると、あの、動物愛護精神の
高い国というイメージにも疑問を感じてしまう。

19世紀の後半には、既に世界初の動物虐待禁止法である『家畜の虐待と不適当
取り扱い防止条例』や世界最古の動物愛護団体であるSPCA(Society for the
Prevention of Cruelty to Animals =動物虐待防止協会:後に王立/Royalの名を冠し
RSCPA=王立動物虐待防止協会となる←今回の発表元)が子供関係の制令より前に
成立していた国じゃないの。あんなにクジラでも騒いでるのになぁ。

その上、イギリスではハロウィンが近くなると新聞に「黒猫を飼っている人は、飼い猫を
外に出さないように気をつけて」などと載っていると聞いたことがあります。
イギリスから飼い猫以外の全黒猫撤収希望。

ハロウィンのテーマは不気味なものや怖ろしいものと決まっているようで、
妖精や精霊に限らず、「死」そのものや、不死の怪物黒魔術伝承怪物などが含まれる。
ハロウィンで仮装されるものには、幽霊魔女コウモリ黒猫ゴブリンバンシー
ゾンビ魔神、などの民間で伝承されるものや、ドラキュラフランケンシュタインのような
文学作品に登場する怪物が含まれる。ハロウィン前後の時期には、これらのシンボルで家を
飾る。」(出典:wikipedia」)そうですが、実物を目にすることが出来るのって黒猫と
コウモリ(これも日常そう出会わないよな)くらいなものなんですね。
かわいそうに黒猫って、やゾンビや怪物なんかと一緒にされてるとは・・

毛が黒いというだけで、黒猫には悲しい歴史が多いですね。
でも幸せを呼ぶ、とか、金運を招く、とも言われているようですから、せいぜいヤツらを
大切にすることにします。(既に金運の方はヤツら用散財が増えているので迷信と認識)

私はこのハロウィンの解釈の方がよっぽど好きです。例えちょっと違うような気がしても(笑

ところで我が家のハロウィンには、唯一「ほうき」を買いました。黒猫と言ったらほうきでしょう。
コギエル離陸2
こんなの。ソニプラで見つけました。

で、こういう写真が撮りたかった(笑
コギ離陸1
コギ離陸前、左右確認! Into position(位置について)・・Hold(よーい)・・

コギ離陸2
Ready for Take off!(ドン!)

コギエル離陸1
エルに操縦の仕方を教えるコギ

 こんなおバカなハロウィーンじゃいけないんでしょうか。
なぜ魔女は黒猫しか連れていないのか?
人類永遠の謎が今解き明かされる・・

その理由を知りたければここを見よ!!


naoさん素敵な情報ありがとうございました!>

Comment

2009.11.07 Sat 01:00  |  早速、記事に追記しました(笑>naoさん

ありがとうございます!
みんな見てくれるかなぁ。見て欲しいなぁ。
いい感じの抜け具合がたまりませんでした。
いいもの教えてもらった^ ^

ほー、ベンガルの毛ってそんなに柔らかいんですかー。
ちなみに柄の入り方、こんな感じなのでしょうか?(笑
↓エセ ベンガルがいます↓
http://cogitoergosumu.blog24.fc2.com/blog-entry-62.html
それと「声は、普段は、「ピャッ!ピャッ!」と鳥が鳴くような
短く高い音」って書いてあったんですけど、そんな感じですか?

うー、本物のベンガルと会ってみたーい!
ベンガルって、ブリーダーさんのとことかじゃないと会えませんよね?
でも実際会っちゃったら欲しくなる気がするからやめとこw

2009.11.06 Fri 23:02  |  

Tumblrへのリンクも、もちろんOKですよ。
画像専用のブックマークのようなものですが、
もしよろしければどうぞ~。

追伸
いつかのお返事のお返事です。
ベンガルの毛はとてもやわらかで、
猫の毛を少し兎っぽくしたような。そんな感触です。
前にいたキジトラ猫との比較ですが、
身体そのものも とてもやわらかくて、
なーんだかいつも、クネクネしています。(^^;

2009.11.05 Thu 21:23  |  猫の手も借りたい季節なもんで>naoさん

近頃は魔女もめっきり減ってまして、黒猫もほうきに乗れないと
いけない時代になってしまったんですよ・・。
人間で言う「要普通免許」みたいなものですかね(笑

ホントにこのニュースをネットで見たとき、これっていつの日付?と
確認してしまいました。
猫を飼っていたおばあさんだったかが、魔女と誤認されたのが始まりで、と
聞いたような気がしますが、もし犬や鳥を飼っていたらどうなっていたんでしょうね。
まぁ、猫のあの神秘的とも言えるような目の感じとか、しなやかな感じが
(あとは高いところから落ちても怪我をしないことも不気味がられたらしいです)
災いしたのでしょうね。
今までの歴史の中でどれだけの黒猫が抹消されたかというのは考えたくも
ありませんが、そのDNAが残って、今も黒猫が世界中にいるんだから逞しいですよね。

naoさんのtumblrのあれ、最高ですねー!
このブログにリンクしたりとかいうのはマズいのでしょうか?
もし差し支えなければぜひ!

2009.11.05 Thu 20:56  |  

あれえ?
ほうきの操縦免許って、
魔女だけの特権かと思っていたけど、
黒猫にも下りるのですね…!?(笑)

イギリスの話、何故この時代に?から始まって、
ヨーロッパでの黒猫の悲しい歴史とその影響、
果ては虐待の心理について、
あれこれと考えをめぐらせてしまいました。
これは深い…。

ここはひとつ、これでも見てなごんでくださいー。
http://naosz.tumblr.com/post/215416195/via-kari-shma
どうも、白猫じゃ都合が悪いようです。ぷぷ。
(飛び先は、私のtumblrです。)

*ありがとうございます、こちらもリンク完了しました。開通~!!

2009.11.05 Thu 19:36  |  ニュースの日付、確かめちゃった>ケロリさん

えー、そんな素敵なカード、なくすなんて (T T)
黒猫が幸運のシンボルな理由、知りたかったなぁ・・
もし思い出したらぜひ教えてね!

コギはこれでもメタボJr.告知されたのよ~。
エルは相変わらずゾウリムシ体型・・どれだけ暴れても痩せず。
マグロくんもエルも痩せにくい体質なのね、きっと・・
まぁ、元気ならよし、だね。

2009.11.05 Thu 17:41  |  

某国のバ○は脇に置いといて、放置しときましょう。勝手に言ってろっ!ってね。

マグロを飼い始めた頃、同僚にステキなカードをもらいました。黒猫は幸運のシンボルって書いてあって、その理由がかわいい黒猫の絵と共に書いてあったんですよ。引越でなくしちゃった(T T
今日思い出して、あちこち探したんだけど見つからない・・・。

コギちゃんの流線型は健在!ですね。
うちのは相変わらずおはぎです。
  • #-
  • ケロリ
  • URL
  • Edit

2009.11.04 Wed 18:17  |  単なるいじめの口実なんでしょうね>ノンママさん

なんかこういう黒猫絡みでネット検索してたらBump of Chickenというバンドの
「K」って曲がやけに引っかかってきて、なんでだろうと歌詞を見てみたら、出だしから、
「週末の大通りを 黒猫が歩く
ご自慢の鍵尻尾を水平に 威風堂々と
その姿から猫は 忌み嫌われていた
闇に溶ける その体目掛けて 石を投げられた」でした・・かわいそうに・・。

まぁ、その黒猫を助けた人とのいいお話、でも最後は悲しいお別れ
(フランダースの犬のような)ということで、黒猫蔑視な内容ではないのですが、
「黒猫」というと、こういうイメージがステレオタイプ的に刷り込まれてるんでしょうね。
こんなにかわいいのにわかってないなー。

ほうき、ちゃんと乗ってるように見えません?
それもかなり乗り馴れて速そうな感じに撮れました。満足満足(笑

2009.11.04 Wed 18:06  |  心配しますた・・>テラコッコさん

更新はないし、体調崩したのかと思って心配したよ。
良かった。無事で。

え~、テラコッコさんって神社に嫁いだってことは、神主さんの奥さんなの??
だから「テラ」?・・それはさておき、なんだかすごくびっくりしました。

>『黒猫に、何してくれちゃってるんじゃッ!この、ボケェ!!』
ブラボー!ブラボー!!(スタンディング・オベーション&感涙)

うん、他の教徒に対しての迫害など、数多くの血塗られた歴史には
すごく疑問を感じます。
どの神様もまとめて天にいる、でいいじゃん、なんて幼稚かもしれないけど。

私も実は、漠然と英国が嫌いになった(苦笑
ハロウィンというイベントの名を借りれば、黒猫を虐待してもなんとなく
誤摩化されるんじゃね?的な姑息な嫌らしさを感じた。
要は猫をいじめる口実が欲しいだけでしょ、と。

やーねー。ホントにいつまでもこういうニュースなくならなくて。

2009.11.04 Wed 17:04  |  

未だに語られているんですね。
そんなことで黒猫ちゃんが被害に遭うなんて。。。
大体、魔女?!はぁ~??って感じですよ!
不吉?証拠あるのか!!
腹が立ちます!

あはっ!ほうきに乗ってますね^^
いい写真が撮れましたね(*^_^*)
  • #-
  • ノンママ
  • URL
  • Edit

2009.11.04 Wed 14:56  |  

お久ぶりです!

私は、神社に嫁ぎつつ、無神論者。
こういう、悪魔だの神だのっていう問題って、
やはり、なかなか、分かりあえるものではないと思うけど、
黒猫とくらしている立場からものを言わせていただけるなら、
『黒猫に、何してくれちゃってるんじゃッ!この、ボケェ!!』ですなー!
自分たちの信じる神が、他の命をないがしろにしていいと言えば、そうしちゃうって言うところに、『神』としてどうなんだよって、
疑問が生じないってところが、常々、不思議。

漠然と、英国が、嫌いになったっ!!

まぁ。英国だけではないのでしょうけどね~
黒猫のみならず、こんなような、迫害をうける命があるのって、
なんというか、おかしな世の中だな。。。って思います。


・・・ところで、予告の本編は、まだかしら(# ̄ー ̄#)ニヤ??
  • #-
  • テラコッコ
  • URL
  • Edit

2009.11.04 Wed 09:32  |  宗教問題は難しいですよね>mnfostererさん

宗教が根底に根付いていない私からすると、全く想像のつかないことが多いです。
でも、今から入信することはないけれど、宗教(神)という支え、最終的にすがるものが
あることでの強さみたいなものへ、一抹の憧れもない訳ではない気もするのは
年をとってきた証拠でしょうか(あー、回りくどくてわかりにくいですね・・)

ソニプラでハロウィン商品の出始めの頃、ずいぶん早めに買っておいたんですよ。
でも肝心のヤツらから評判が悪くてねぇ・・
「なにそれ?センス悪っ!」って目つきで一瞥されて終わってたんです。
この撮影で残念ながらあのほうきは役目を終えてしまったようです・・
コギの乗り方、ほうきというより戦闘機って感じですよね(笑

2009.11.03 Tue 23:28  |  

宗教色の強い国は思い込みの激しい奴らがワンサカいるものだと常々思ってたりします。
そうやって支え合って生きてきたんでしょうけども、ホントおバ○さんたちですよね。

ソニプラでそんな素敵な箒が!?
しかもコギさん上手いこと乗ってる!!
メッチャ急いでそう。まるでキキの代わりに配達を急ぐジジのようですね(笑)

2009.11.03 Tue 18:48  |  深いなー>むにすさん

白=いいもん 黒=わるもん、あるんでしょうね、全てにおいて。
人間は、常に他者との差別・優劣のポイントを見つけ続ける
生き物なのかも知れませんね。

キリスト教というものに対しても、純粋な意味じゃなくて
恐縮ですが、興味が尽きません。

そうそう、うふふ、あはは♪って感じじゃない(笑
魔女の宅急便系ふんわか、すーって感じでもなく、
まっすぐゴーーーーーっと、すっ飛んで行きそうでしょ。

えー、ダイソン見てきたんだ!?早っ!
やっぱり、輪くぐりベストマシーンだった?欲しい!!
12500円・・うん、いい感じの数字です。20000円までなら悩む。
あの価格は悩まない・・たぶん。でも欲しい・・物欲大王。

そうそう、勝手に文章内にリンク追加してしまった。ごめんね♡

2009.11.03 Tue 17:07  |  

白=いいもん 黒=わるもん みたいな頑固な意識が根底にあるのでしょうか…。悲しいことです。
ニンゲンって、ふとした言葉に「あ、この人そういう(差別あるいは優劣)意識もってるんだ…」と感じる時があり、西暦も2000年を10年過ぎたというのに、なんだかなって感じですね…。

ほうきに乗ってるエルコギちゃん☆
めっちゃスピード出そうな乗り方ですね。
うふふ、あはは♪って感じじゃなくて
「突撃ーーーやーーーー」みたいな。

あ、昨日、ダイソンの扇風機の実物見ました!
すごいです!輪くぐりにもってこい!!
生産遅れててまだ予約だけですって。
12500円くらいなら買うのになー。
  • #-
  • むにす
  • URL
  • Edit

2009.11.03 Tue 15:45  |  どこにもバ○はいるのでしょうが・・>akiraさん

年代、地域、件数など詳しく知りたいと思ったのですが、そこまでは出てないものですね。
とにかく不愉快な話です。黒猫だから、ということではなく、akiraさんがおっしゃるように、
勝手な都合や時期で他の生命を危険にさらすことが腹立たしいです。

ホント、日本のクロネコさんは働き者ですからね。
イギリスから大挙して移民(猫)が来たとしても食いっぱぐれることはないでしょう。

ところで、最近ますますakiraさんのところ賑わってますねー。
海人くんファン、akiraさんファンの女性の香り(?)に気後れして、コメントできずに
逃げ帰ってばかりいます(笑
おもしろく拝見してるんですけど。ごめんなさい。次は勇気を出してコメント残します。

2009.11.03 Tue 13:17  |  

いやぁ、失礼ですけどバ○でしょう……。
魔女などの間違った解釈があったころに
誰かたまたま飼ってただけじゃないの?とか、
単に恐がりな権力者が暗がりの黒猫にびびったせいじゃないの?なんて思っちゃいますね。
どうもこういう話題は熱くなりがちで良くないのかもしれないですが、そういった勝手な都合や時期で他の生命を危険にさらしたりするのってどうしても頭に来てしまいます。
イギリスの黒猫は日本に来てもらいましょう(笑)

日本なんてクロネコが宅配までしてくれるのに……。






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://cogitoergosumu.blog24.fc2.com/tb.php/164-247a12fe

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

translate

powered by 3ET

profile

COG

Author:COG
2008年8月8日に18年間
連れ添った愛猫ダダを亡くし、
もう飼わないと心に誓って
いたのに結局また黒猫達の
飼い主になりました。
2008年9月生まれのCogitoと
2008年5月生まれのErgo、
精力的に活動中。
黒猫2代目と3代目の日々を
ぼちぼち綴ります。

DADA

Cogito&Ergo

recent entry

new comment

category

monthly archive

you can do it

いつでも里親募集中

FC2 counter

ranking

admin menu2

WEBコンサルティング joomlaでホームページ制作 ブログパーツ制作

online counter

現在の閲覧者数:

calendar

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

clock

電力使用状況グラフ

photo

link

books1

どうも私はお台場とか汐留とか、ああいう 再開発系エリアが好きになれません。(もし住んでいる人がここに遊びに来てくれていたらごめんなさい。) 田舎者と思われるかもしれませんが、 六本木ヒルズも嫌いです。 青山だって西麻布だって麻布十番だって、 やっぱり昔の方が良かった。 笄町や霞町なんて雰囲気あったもんなぁ。   今じゃ神楽坂の裏道とか代官山の一部や下町にしか、 その土地の空気を感じられなくなった気がする。 もちろん狭くて地価の高い東京のどこも かしこもを、いかにもっと収益を上げられる エリアに変貌させブランド化できるかは、 一部の企業にとっては死活問題だと思うけど、 Produced by・・と海外著名建築家をゼネコンが 引っ張って来てコーディネーションし、周辺環境 との調和も考えず、似たり寄ったりな高層ビルを 建てるのはもう飽き飽き、と思ってた。 だからと言って、中途半端に個性を主張しようと 大金を投じた挙げ句ちゃちなテーマパークのような建物を 建てられると、それはそれでいたたまれない。 東京のどこかの街に立って、高いビルやその隙間から 見える空を見上げるとき、自分が今どこにいるのか わからなくなる、あのちょっとした不安感と切なさに 似た気持ちは、まるであまり知らない海外の都市で 感じるような居心地の悪い寂しさに近い。 なんで東京はこんなになっちゃったんだろう、と 寂しく手に取った1冊。 とにかくそんなになった理由は少しわかった気がする。(COG)

books2

猫インテリア・・と言う割には後半は猫以外にも、うさぎ、亀、モルモット、はては金魚まで登場のインテリアブックです。ポストカード付き。 みなさん、いかにもペット飼ってます、という雰囲気なく暮らしているのに、それでいて一緒に暮らしている猫達は幸せそう。ちゃんと一緒に暮らすマナーを教え、猫の嗜好を理解し、必要なものをきちんと与えていれば、人間の趣味も抑制することなく気持ちよく暮らせるんですね。(COG)

books3

たまりません。ヒントもいっぱい、参考になります。猫用に部屋をカスタマイズしたいと思う方、日本のペット・グッズなどに抵抗のある方はぜひ!(COG)

出版社/著者からの内容紹介 本書は日本で初めて、世界じゅうのいぬとねこのインテリアを1冊にまとめたものです。ひとたび、ペット愛好家のおうちを見ると、そこには専用ベッド、スタイリッシュなペットハウス、壁やドアに施された通り穴、ねこのための階段、ネコタワー、階段下や家具のすき間などデッドスペースの活用etc. 愛すべきペットへの愛情がはっきりとしたデザインとなっていることを目の当たりにすることができます。  本書では、こうしたペットと人間が共存する、先進的なインテリアに対する取り組み例を、パリ、ロンドン、ミラノ、ニューヨークといった海外の主要都市のほか、日本国内からも多数紹介。さらにペットにまつわる各国の最新事情もあわせて掲載しました。また、国内で買うことができるペットハウス、フードボウル、ペットトイetc. 多岐に渡るペットグッズのジャンルの中から、“デザイン重視”で厳選して掲載。   内容(「MARC」データベースより) ペットのデザイングッズ200点紹介、海外のおしゃれないぬ・ねこルーム大公開、ペットのためのセレクトショップやLOHASなカフェなどのトピックほかを掲載する。 出版社からのコメント 巻頭には、MoMAでも認められた“アニマルラバーバンド”を封入するなど、まさに充実の1冊に仕上がりました。

books4

これが私が買ったクリアファイルのNOROちゃんの本です。ヨーロッパ各国を飼い主夫婦と旅して撮った写真がいっぱい。飛行機乗せられたり、ちょっとかわいそーとも思ったけど、こんな素敵な写真が撮れるなら試してみたい気も・・私だけじゃなく、黒猫飼い主さんならその気になりそう。(COG)

生花店の看板猫「ノロ」が、飼い主夫婦と共にヨーロッパを旅することになりました。 旅のはじまりから終わりまで、素敵なPHOTOと可愛いデザイン、便利な情報がこの本の肝。旅好き猫好きの皆さんは、トキメかずにはいられない1冊です! [旅の主な行程] 日本→パリ→ドイツ(バーデンバーデン)→スイス<アルプス越え、インターラーケン>→イタリア(ミラノ、トリノ、イタリアンリビエラ、ニース、モナコ)→スイス→ドイツ(アウトバーン)→デンマーク<フェリー>→スウェデン→オランダ→ベルギー→パリ→日本 [著者プロフィール] 平松謙三 1969年岡山生まれ。東京都在住。デザイナー。妻と共に西荻窪で生花店『la hortensia azul』を経営。 幼少の頃から鳥を飼いつづけ、30年猫嫌いで通すも、なぜか今では大の猫好きに。趣味は旅行と乗り物全般、お茶。 内容(「BOOK」データベースより) ヨーロッパでなつやすみを過ごすハメになった黒猫ノロの、不本意ながらも楽しいバカンス。猫好き、旅好きも羨むエピソード&ハウツーが満載。

ブロとも?

bbs

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。