Cogito Ergo 住む

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
24
 

関係性は

瞬間であり 永遠

  

それは 計ることもできず

決して 終わることなく

わたしたちの間で 無限に 

育まれている

 All rights reserved. Copyright © Living World Inc. 2009


最近このような言葉を見つけました。 これは”ある時間”をしめす砂時計のシリーズの1つ、
関係性が育まれる時間」という名前の砂時計、それも肝心の中身の砂はからっぽ、なんて
不思議な商品に付けられていた言葉です。

するすると、この短くていかようにも解釈の出来る言葉を何度も読み返しました。
そしてなんだかとても好きになりました。

人は、誰との間でも、何との間でも関係を持ち続けて生きていかなければならない。
失ったように見える「関係」、今、始まったように感じる「関係」。
それも見える、感じるだけで、実はそうじゃなかったりするのかもしれない。
なんて、色々考えちゃったりして。

他にも、宇宙で100個の星々が消えてゆく時間をしめす砂時計「星が消えてゆく時間の
砂時計」、地球にきわめて近い恒星である太陽もその光が地球に届くまでにかかる時間、
そしてさらに近い月からの光が地球に届くまでにかかる時間、その時間を示す、ふたつで
一組の砂時計「太陽の光、月の光」、ジャック・マイヨールがイタリアのエルバ島沖で、
人類で初めて水深100mを 越えるフリーダイビングの記録を樹立した際の潜水時間をしめす
J・マイヨール:ある潜水 時間の砂時計」、音楽家でもあり芸術家でもあるジョン・ケージの
名曲(?)「4分33秒」の砂時計「「4分33秒」という沈黙の楽曲」などの砂時計もあります。

透明なガラスの中を落ちる砂を見るのって静かな気持ちになりますよね。
タイマーなど、同じ時を計るもので知るのとは違う時間に入り込むような気がします。
たまにはこういう「時計」もいいかもしれませんね。


コギ冷静
C「なに、今日はどうしちゃったの。」
私「まだ詳しく言えないけど、新しい関係の始まりの日だったから嬉しくてさ。」
C「ふ~ん。そのうち教えてよね。」
私「もちろん。ちょっと待っててね。」

・・という訳で昨夜の予告、しばし待たれい、ということで。すみません。


Comment

2009.10.30 Fri 07:15  |  もー、ホントにね・・

> お久しぶりですヽ(´∀`)9
・・
> では今日はこれにてバイビィ~~(*^ー゚)/~~

ホントにこんなにご無沙汰なのに、なんでしょ、
この絵文字でごまかす感じったら(苦笑
もー、知りません。
ブログを更新せずに放ったらかしにして心配させるような人は。

悔しかったらたまには更新してみろ!や~いや~い!!
マグロくんの元気な姿、少しは公開してくださいな。
待ってるからね!

2009.10.29 Thu 19:13  |  

お久しぶりですヽ(´∀`)9
予告・・・なんでしょう!?
気になって仕方ありません。
あんなこと?こんなこと?ドキドキ・・・。
でもきっと、とてもステキなことですね。
COGさん、すごく、嬉しそうだもの。
発表を楽しみにしてますね!
では今日はこれにてバイビィ~~(*^ー゚)/~~
  • #-
  • ケロリ
  • URL
  • Edit

2009.10.28 Wed 16:55  |  コメントありがとうございます>naoさん

瓶、ちょっとフタの問題がスッキリしませんね。
お役に立てず申し訳ないです。
難しいものを求めている訳じゃないのに、案外ないものですね。
また何か発見したらお伝えしますね。

ガラスはきれいですよねー。
瓶類のぽってりとした厚みのあるガラスも好きなのですが、
こういう繊細なガラスもまた見ている分には美しいです。
猫のことを考えると怖くて置けそうもありませんが(苦笑

またぜひ遊びに来てくださいね。
 

2009.10.27 Tue 17:23  |  

こんにちは。
先日は「尋ね瓶」への情報をありがとうございました!

あれこれと瓶を探しているうちに、
硝子という素材そのものに魅了されつつあったところなので、
この不思議な砂時計にもかなり惹かれます。
からっぽの砂時計…きれいだなあ。

2009.10.25 Sun 21:05  |  なんか当たってそう・・>テラコッコさん

むふふ。不思議だけど当たってそうな気がするー。
もしそうならテラコッコさん、すごい!
でも、もうちょっと待ってね。もう少し時間が必要みたい。
(あー、ホントはものすごく言いたいのー!!く~っ!)

いかん、いかん、気を取り直して・・
お風呂で砂時計なんてすてきー。普通のでも十分ゆうがー。
デジタルな時計に追われないだけで嬉しいですよね。
朝のシャワーなんて1分1秒が気になって、気になって
そういうときはデジタルじゃないと!

あの何も入ってない砂時計を真に楽しむには静かで、できれば
広くて、すっきりした空間と気持ちの余裕が必要な気がします。
要はうちじゃムリ!ってことだわ(苦笑

2009.10.25 Sun 20:40  |  すごい楽曲ですよね>こんたさん

深過ぎて戸惑った人も多かったでしょうねー(笑
私がその場にいたらざわざわしちゃうと思います。

DVDのおまけの中に入っている、113枚だったかの1枚ですから、
たぶん見付けられないと思います(笑

でもお時間あったら探してみてください。

2009.10.25 Sun 20:31  |  

予告・・・
私が考えてることだったら、いいな・・・

高級だね~
砂のない砂時計・・・
んーーー、、芸術作品だから?
私は、お風呂で、ごく普通の砂時計使用中。
なんか、落ち着くんです~
  • #-
  • テラコッコ
  • URL
  • Edit

2009.10.25 Sun 14:50  |  

4分33秒って曲の話聞いたことあります。砂時計があったとは、コギトちゃんDVD凄いですね。
  • #-
  • こんた
  • URL
  • Edit

2009.10.25 Sun 12:42  |  ありがとうございます!>りんごANE さん

チビッコはみんなとてつもないかわいさがありますよね。
ナナコちゃんの拾われた直後のあのいたいけな感じ・・
たまりませんでしたもん。
ナナコちゃんも、コギも大きくなってようやく一安心でしょうか。

あれらの死語、使ってました?
じゃ、同世代だな(こういうので結構バレる)。

写真、黒猫カレンダーで片っ端から落とされたので(笑)、
いっぱいサイズ大きめのが残ってたんです。
で、リサイクル(ちょっと違うかw)しちゃいました。

りんごANE さんもせっかくデジイチも使いこなしていることだし、
どんどん応募しましょうよ。記念、記念。

2009.10.25 Sun 11:44  |  

まずは1周年おめでとうございます(^^)/
チビッコ時代も可愛らしいですね~。小さいうちは毎日私も、
ヒヤヒヤしていた覚えがあるのを懐かしく思いました。

あと、死語ランキング!!ヤバッ!!全部分かるし使ってました(笑)
写真の使われる映画楽しみですね(^^)
私も応募してみようかな・・・。すごく良い記念になりますね。
予告楽しみにしてますね。
  • #-
  • りんごANE
  • URL
  • Edit

2009.10.25 Sun 11:11  |  不思議と言えば不思議な・・>akiraさん

深いと取らなければコストパフォーマンスのかけらもありません(笑
もう少し安ければジョン・ケージの「4分33秒」の砂時計が欲しいのですが、
その前に必要なものが多過ぎて、こういうものが後回しになってしまいます。

いつかこんな高級砂時計を見ながらぼーっと過ごしたいものだと思って
紹介しました。

でもコンセプトや選んだ時間のテーマはおもしろいと思いませんか?

あの予告、引っぱり過ぎてるようで申し訳ないです。
もう少しだけ期待せずにお待ちください。

2009.10.25 Sun 10:46  |  

了解で~す。待っています。
しかし、砂の無い砂時計……。
深いというか、不思議な感じです。
砂時計、何か一つ欲しくなりました。

2009.10.25 Sun 00:44  |  なんとなくねー>むにすさん

今日の佳き日に、って感じでしょうか。

砂のない砂時計、関係性が育まれる時間という、
そのコンセプトが好きでした。
・・でも、砂もない、フレームもない8の字のガラス、
15,750円ってちょっと高くないっすか??
まぁ、ゲイジュツと思えばいいのか・・

うん。年をとるほど一期一会を噛み締めます。
そしてバタフライ効果じゃないですが、やはりいつぞやの
リレーにも書いたように因果応報的なものも。

このブログを始めてもうじき1年。
嬉しい出会いがいっぱいでした。

2009.10.24 Sat 23:02  |  

うふふふふ~( ´艸`)


砂時計すてき!
COGさんのお薦めって全部私のツボ!

砂のない砂時計。
いかようにも解釈できる詩も、何度もかみ締めて私の中で消化したいです。
一期一会。
一瞬一瞬の出会いが奇跡ですね。
  • #-
  • むにす
  • URL
  • Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://cogitoergosumu.blog24.fc2.com/tb.php/161-2f8472f3

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

translate

powered by 3ET

profile

COG

Author:COG
2008年8月8日に18年間
連れ添った愛猫ダダを亡くし、
もう飼わないと心に誓って
いたのに結局また黒猫達の
飼い主になりました。
2008年9月生まれのCogitoと
2008年5月生まれのErgo、
精力的に活動中。
黒猫2代目と3代目の日々を
ぼちぼち綴ります。

DADA

Cogito&Ergo

recent entry

new comment

category

monthly archive

you can do it

いつでも里親募集中

FC2 counter

ranking

admin menu2

WEBコンサルティング joomlaでホームページ制作 ブログパーツ制作

online counter

現在の閲覧者数:

calendar

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

clock

電力使用状況グラフ

photo

link

books1

どうも私はお台場とか汐留とか、ああいう 再開発系エリアが好きになれません。(もし住んでいる人がここに遊びに来てくれていたらごめんなさい。) 田舎者と思われるかもしれませんが、 六本木ヒルズも嫌いです。 青山だって西麻布だって麻布十番だって、 やっぱり昔の方が良かった。 笄町や霞町なんて雰囲気あったもんなぁ。   今じゃ神楽坂の裏道とか代官山の一部や下町にしか、 その土地の空気を感じられなくなった気がする。 もちろん狭くて地価の高い東京のどこも かしこもを、いかにもっと収益を上げられる エリアに変貌させブランド化できるかは、 一部の企業にとっては死活問題だと思うけど、 Produced by・・と海外著名建築家をゼネコンが 引っ張って来てコーディネーションし、周辺環境 との調和も考えず、似たり寄ったりな高層ビルを 建てるのはもう飽き飽き、と思ってた。 だからと言って、中途半端に個性を主張しようと 大金を投じた挙げ句ちゃちなテーマパークのような建物を 建てられると、それはそれでいたたまれない。 東京のどこかの街に立って、高いビルやその隙間から 見える空を見上げるとき、自分が今どこにいるのか わからなくなる、あのちょっとした不安感と切なさに 似た気持ちは、まるであまり知らない海外の都市で 感じるような居心地の悪い寂しさに近い。 なんで東京はこんなになっちゃったんだろう、と 寂しく手に取った1冊。 とにかくそんなになった理由は少しわかった気がする。(COG)

books2

猫インテリア・・と言う割には後半は猫以外にも、うさぎ、亀、モルモット、はては金魚まで登場のインテリアブックです。ポストカード付き。 みなさん、いかにもペット飼ってます、という雰囲気なく暮らしているのに、それでいて一緒に暮らしている猫達は幸せそう。ちゃんと一緒に暮らすマナーを教え、猫の嗜好を理解し、必要なものをきちんと与えていれば、人間の趣味も抑制することなく気持ちよく暮らせるんですね。(COG)

books3

たまりません。ヒントもいっぱい、参考になります。猫用に部屋をカスタマイズしたいと思う方、日本のペット・グッズなどに抵抗のある方はぜひ!(COG)

出版社/著者からの内容紹介 本書は日本で初めて、世界じゅうのいぬとねこのインテリアを1冊にまとめたものです。ひとたび、ペット愛好家のおうちを見ると、そこには専用ベッド、スタイリッシュなペットハウス、壁やドアに施された通り穴、ねこのための階段、ネコタワー、階段下や家具のすき間などデッドスペースの活用etc. 愛すべきペットへの愛情がはっきりとしたデザインとなっていることを目の当たりにすることができます。  本書では、こうしたペットと人間が共存する、先進的なインテリアに対する取り組み例を、パリ、ロンドン、ミラノ、ニューヨークといった海外の主要都市のほか、日本国内からも多数紹介。さらにペットにまつわる各国の最新事情もあわせて掲載しました。また、国内で買うことができるペットハウス、フードボウル、ペットトイetc. 多岐に渡るペットグッズのジャンルの中から、“デザイン重視”で厳選して掲載。   内容(「MARC」データベースより) ペットのデザイングッズ200点紹介、海外のおしゃれないぬ・ねこルーム大公開、ペットのためのセレクトショップやLOHASなカフェなどのトピックほかを掲載する。 出版社からのコメント 巻頭には、MoMAでも認められた“アニマルラバーバンド”を封入するなど、まさに充実の1冊に仕上がりました。

books4

これが私が買ったクリアファイルのNOROちゃんの本です。ヨーロッパ各国を飼い主夫婦と旅して撮った写真がいっぱい。飛行機乗せられたり、ちょっとかわいそーとも思ったけど、こんな素敵な写真が撮れるなら試してみたい気も・・私だけじゃなく、黒猫飼い主さんならその気になりそう。(COG)

生花店の看板猫「ノロ」が、飼い主夫婦と共にヨーロッパを旅することになりました。 旅のはじまりから終わりまで、素敵なPHOTOと可愛いデザイン、便利な情報がこの本の肝。旅好き猫好きの皆さんは、トキメかずにはいられない1冊です! [旅の主な行程] 日本→パリ→ドイツ(バーデンバーデン)→スイス<アルプス越え、インターラーケン>→イタリア(ミラノ、トリノ、イタリアンリビエラ、ニース、モナコ)→スイス→ドイツ(アウトバーン)→デンマーク<フェリー>→スウェデン→オランダ→ベルギー→パリ→日本 [著者プロフィール] 平松謙三 1969年岡山生まれ。東京都在住。デザイナー。妻と共に西荻窪で生花店『la hortensia azul』を経営。 幼少の頃から鳥を飼いつづけ、30年猫嫌いで通すも、なぜか今では大の猫好きに。趣味は旅行と乗り物全般、お茶。 内容(「BOOK」データベースより) ヨーロッパでなつやすみを過ごすハメになった黒猫ノロの、不本意ながらも楽しいバカンス。猫好き、旅好きも羨むエピソード&ハウツーが満載。

ブロとも?

bbs

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。