Cogito Ergo 住む

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
06
 
正確には「産まれた日」ではなく、捨てられた「拾ってもらった日」なのですが。
2008年9月6日、「クロの日」なんて覚えやすいのでこの日を誕生日としました。
その経緯の詳細は以前「チビコギ」に書きました。良かったら読んでくださいね。

コギ生後1週間
生後10日ほどのコギ。拾われて間もなく。

最初の頃はロクなデジカメ持ってなくて、携帯なんかで撮っていたので、一番残して
おきたかった時期の写真があまりないのです。それが本当に残念でなりません。
あれこれ悩んでないで、すぐ買えばよかった。

チビコギソファー
うちに来たばっかりの頃。小さめのクッションなのに、それよりもなお、こんなに小さかった。
おもちゃみたいだった。


チビエルコギ1
このころはエルによくくっついてた。エルは猫風邪で目が変。2匹ともよく病院に行ったなぁ。

チビエルコギ2
小さい頃からコギの耳は大きかった。コギの首輪は鈴2個付き。どこにいてもわかるように。

炎天下の段ボールの中から助け出してもらえて本当に良かったね。
そのおかげで会うことができて、この1年を共に暮らすことができた。
まだまだ始めの一歩みたいなものだけど、エルも一緒にみんなでゆっくり過ごしていこう。

コギ 1歳の誕生日おめでとう

コギ1歳
「ありがと。で、プレゼントは?」

「・・あ、いや・・あとで買いに行こうかと・・」

コギ1歳2
「ど−せ子供(猫)騙しな猫じゃらしとか買ってくんでしょ。
もう人間でいえばSeventeenなんだけど。ケータイとかヨクない?
持ってないのアタシだけなのよねー。ダメならゲンキンでもいいし。」

「え、え~・・」

なんてことにならないよう真っ直ぐ育てて行こうと思います。



最後に、もんにゃんも誕生日おめでとう!かっこいいオヤヂになれよ。
コギプレゼント
コギより

Comment

2009.09.09 Wed 12:05  |  ありがとうございます!>りんごANE さん

無事に1歳を迎えることができました。
子猫の頃は身体も小さくて、風邪をよくひいたりして心配ばかりだったのですが、
今ではあんなに大きくなってくれたので一安心です。

私も前猫ダダの時は心配で心配で、小さなギフト用のかごにタオルを敷いた中に
入れ、枕元に寝かせてました。6時間おきに授乳もありましたしね(笑

本当にコギはいい方に拾っていただけました。
あと数時間遅かったら、もしかしたら、という状態だったのかもしれず、
ナナコちゃんにしても、コギ(達)にしても、みんな元気に育つことができて、
なんてラッキーなんだろうと思います。

子猫の時期は短いですね・・
ナナコちゃんはいっぱいかわいい写真が残っていて羨ましいです。
それにしても動物を飼っていると必要経費以外に、ついつい買うもの増えますね(苦笑

2009.09.09 Wed 05:05  |  

コギちゃんおめでとう!!別記事読ませて頂きました。
保護されたご夫妻の愛情には頭が下がる思いです。ウチは400
gの時に保護しましたが、それでもあまりに弱々しく小さいので
2時間おきに息をしているか心配で見回りをしてました(笑)

子猫から成猫の大きさになるまでのスピードは本当に速いです
ね(^^)私も同じくあわててカメラを買いに行きました(笑)
優しいご夫妻とCOGさんに巡り会えてコギちゃん良かったね!!
  • #-
  • りんごANE
  • URL
  • Edit

2009.09.07 Mon 21:45  |  うわぁ、てくこさんまで!ありがとうございます!>てくこさん

このところご無沙汰してしまっていたのに、本当にありがとうございます。
こんなに皆さんにコメントいただけるなんて、コギはなんという幸せ者なんでしょう。

そうなんです。今回コメントをいただいたtidaさんがそのご夫妻の奥様なのですが、
ペット不可のマンション在住だからと、奥さんのご実家の盛岡に連れて帰って
始めての子育てをされたんですよ。

真夏の炎天下の駐車場に置かれた段ボールの中なんて、産まれたての子猫には
過酷過ぎる環境に捨てて行けた人の顔を見てみたいものです。
いつか罰が当たるぞ!・・なんて呪ってみたりして。

そのご夫妻がその日、その場所に行かなかったら、コギとは会えなかったんだと
思うと、本当に不思議でありがたい出会いだったんだなぁと思います。
運とか縁とかってすごいものですよね。

そんな方に託されたコギですから、目一杯大切にしないと。
もちろん、小さいのに外で大変な思いをしたエルも、です。
そして、捨て猫だったがっちゃんも、お母さんと外で暮らしていたサミちゃんも、
てくこさんと出会えて、幸せになれて本当に良かった!

里親さんが決まった記事とか読むと、時々泣きそうに嬉しくなることがあります。
もちろんその裏には悲しい環境や運命にある子もいるのですが・・
でもちょっとずつシェルターや保護主さんから譲渡されるという方法の認知が高まり、
幸せになれる子が増えているような気もします。
もっともっと全体の意識が高まるといいですね。

2009.09.07 Mon 21:21  |  サムくん、花ちゃんも大きくなりましたね!!>tidaさん

あんなに小さかった兄弟が、みんなそんなに大きくなっているんですね!
三毛ちゃん、白茶くんは、その後どうしているのでしょう?
もし彼らの里親の方達がブログをやっているようなら、ぜひ教えてください。
コギの兄弟達を見てみたいです。

それにしても花ちゃんが4.1kgなんて信じられないです。
すらっとした花ちゃんの印象が残っていたのでびっくりしました。
コギよりも大きいなんて、というよりエルに近い体重なんて!
サムくんは男の子ですから・・とは言え、そろそろ要注意かもしれませんね。

コギはそんなに人懐っこかったんですか。今じゃ、抱っこで熟睡なんて夢のようですが・・
129gの小さなコギを抱っこしていたなんて、ちょっと羨ましくなってしまいます(笑

コギって名前、最初は驚かれたんじゃないかと思います。
でも、ぴったりと言っていただけて安心しました。
名前のせいか、育て方のせいか、とても中性的な猫になりました。
でも本当に、とてつもなく(笑)かわいいです。

私こそ、私の書いた熱烈ラブレターのような里親希望メールに
引かないでくださって感謝しています。
そして託してくださったことも、もちろん大大大感謝です。

でも、まずは何より、あの子達を拾う決断、そして長期間別居までして
真剣に育ててくださったことに心から大賛辞を贈りたい気持ちです。
素晴らしい経験をなさったのだろうとも思いますが、実際、どれだけ不安で
大変だったことか。
きっと猫の神様がtidaさんご夫妻を一生守ってくれると思います(笑

どうかこれからもコギを見に来てやってください。
そしてたまにでいいので、コメントを残していただければ本当に嬉しいです。

嬉しい、心温まるコメントをありがとうございました。
ご主人様にもくれぐれもよろしくお伝えください。

2009.09.07 Mon 18:49  |  

コギちゃん、お誕生日おめでとう!!
過去記事の「チビコギ」も見ました。
保護主さんのご夫婦は、別居生活までされたなんて、スゴイですね。びっくりしました。
捨てた人には憤慨しますが、その後、保護主さん・里親さんの、たくさんの愛情に包まれたコギちゃんは幸せですね。
これからもずーっと元気で、いつまでも仲良く暮らせますように。
  • #-
  • てくこ
  • URL
  • Edit

2009.09.07 Mon 16:54  |  

ほんとうに1年って早いですね。最初の頃を思い出すと
ほかの子たちは兄弟から離れると不安でないたりしていましたが
コギちゃんは嫌がるそぶりなく人にだっこされて熟睡する子だったので
わたしの家族にもいちばんだっこされた子だと思います。
いまではコギちゃんという名前以外考えられないくらいぴったりですね^^

きょうだい猫のサムと花は、元気ならヨシと大雑把に育てていましたら
気がついたら サム4.8㎏ 花4.1㎏まで成長していました・・・。
コギちゃんのメタボ疑惑の記事を読んであわててコントロールをはじめています(笑

COGさんが里親になって下さったことで里親探しの勇気をいただきました。
子猫たちに出会えた縁、COGさんに出会えた縁
ほんとうに感謝という気持ちだけです。ありがとうございます。

これからもエルちゃんとコギちゃんの日々を楽しみにしてます^^
  • #HYQt13HU
  • tida
  • URL
  • Edit

2009.09.07 Mon 15:44  |  ありがとうございます>こんたさん

そのパターンってもしかして、グレンちゃんの時も
同じような感じでした?

一度でも怖い思いをした猫は、特に人間に
気を許してくれるのに時間が掛かるのかも
しれませんね。

そういう時はやっぱり猫同士が一番なのかも?
もちろん気が合えば、なのでしょうが。
お互い、相性が悪くなくて本当によかったですよね。

小さい頃のコギは親ばかかもしれませんが、
本当にかわいかったです(笑
ちょっと宇宙人っぽい顔に見えることもありましたけど・・。
  • #-
  • COG
  • URL
  • Edit

2009.09.07 Mon 15:26  |  ありがとうございます>akiraさん

おかげさまで無事1年を迎えることができました。
あんな小さなぬいぐるみのようだったコギが、
こんなに大きく大人っぽくなるなんて、改めて見ると
一緒に暮らしていても不思議な感じがします。

精神年齢はわかりませんが(自信なし)、見た目は
上な感じがしますよね。
去勢したオスはいつまでもかわいいというのは
本当かもしれませんね。

そっか、海人くん、akiraさんの家に来てからしか
写真はないんですね。
ちょっと寂しいでしょうが、それ以降、あれだけいっぱい、
素敵な写真を撮ってもらってるんだから、じゅうぶんじゃないですかぁ?
(うらやましいですもん)
  • #-
  • COG
  • URL
  • Edit

2009.09.07 Mon 12:40  |  

コギちゃん誕生日おめでとうございます。
エルちゃんがなかなかケージから出て
こなくてコギちゃんを見て出てきたって
聞いて、なるほどとおもいました。
それにしても小さい時のコギちゃん
めちゃくちゃ可愛いですね。
  • #-
  • こんた
  • URL
  • Edit

2009.09.07 Mon 10:39  |  

おめでとうございます^^
コギちゃん1歳ですか^^
今年も一年良い年でありますように^^

当たり前かもしれませんが、来た当初はちっちゃい!
かわいい!

うちなんて6ヶ月より前の写真はありません……。
ちょっとうらやましい。

猫も男より女の子の方が、精神年齢は上なのでしょうか……。
なんだか大人っぽくみえます。
   

2009.09.07 Mon 07:50  |  ありがとうございます>mnfostererさん

ニアさんとはあのくらいで出会ったんですか?
mnfostererさんのブログを見に行ったけど、出会いの記事を見つけられなかったー。
メロさんは自由が丘出身とニアさんが船橋出身だったんですね。
あの頃の紹介文、なんとなく今じゃ逆な感じがしました。

そうそう、毛のパヤパヤ感(笑
これが結構いつまでも続いて、頭頂部がひよこみたいだったんですよ。
このままパヤパヤ、ぱさぱさが続くのかしら、なんて思ったりしてました。
今じゃすっかりヅヤヅヤ、てかてかなカワウソちゃんですが。

エルとは兄弟よりも親子の方が近いかも?(笑
コギはともかく、エルは少~し、そう思ってるような気がします。
たった4ヶ月違いなのに。

ブログで出会えた方達、そして愛猫さん達が元気で楽しく暮らす姿を
いつまでも見られるといいなぁ、と思います。
せっかく救われた命ですもんね、大満足で過ごして欲しいものですよね。

2009.09.06 Sun 23:29  |  

コギさん、お誕生日おめでとう!!
来た途端ちっちゃこいコギちゃんにやられてしまいました。
この毛のパヤパヤ感といい、笑っちゃうぐらいな小ささといい、うちの黒いのとそっくりで懐かしくなっちゃいました。
よかったねぇ~コギさん、たくさんの栄養と愛情をもらえてもうすっかり毛並みも艶っ艶だね!
小さな頃からエルさんとも仲良かったんだ。
そのままず~っとず~っと仲良しで、そしてたくさんの愛情を受けて、まずは健康第一でこれから先もいてくださいね~♪

2009.09.06 Sun 22:21  |  ご無沙汰しています!>tidaさん

来てくださって、コメントくださって、ありがとうございます。
見に来てくださっていたんですね。嬉しいです。
早いものですね。あれからもう1年が過ぎようとしているのですね。

せっかく「さくらちゃん」というかわいい名前を付けていたのに、
「コギト」なんて変な名前にしちゃってごめんなさい。
でも精一杯かわいがってますので、その点はご安心ください(笑

129gだったんですね、1枚目の写真の頃。なんて小さかったんでしょう。
そんな頃を知っているtodaさんがちょっと羨ましいです。

サムくんと花ちゃんは体重どのくらいになったのかな。
まさかコギがサムくんを抜かしちゃったりしてませんよね?
こんなに大きくなるとは思っていなかったので、とにかく基礎体力を付けようと、
高栄養・高カロリーなフードをえっさえっさと食べさせた結果、3.6kgにまでなりました。
今度は少しローカロリーフードに変え、運動時間も延ばしているので、数ヶ月で
標準体重にはなると思います。とにかく健康に元気に育てていきますので、
これからも見に来てやってください。

初めて会った日以来、エルはコギが大好きなようです。
あの2匹の相性、関係は期待以上だったと思います。お互いいいところを引き出し
合っている感じがします。
特に幼少期に愛情いっぱいに育った故のコギの無邪気さは、エルにとても好影響を
与えていると思います。
献身的に育ててくださったtidaさんのおかげです。感謝しています。

サムくんと花ちゃんにもまた会いたいです。その後、ブログは始めていないのですか?
もしやっているのなら、ぜひ教えてください。遊びにいきます。

サムくんと花ちゃんの誕生日はいつにしたのでしょう。
もし今日なら、かわいい妹のコギからのおめでとうを伝えてやってください。

コギを拾ってくださって、手塩にかけて育ててくださって、そして私たちに
託してくださって、本当にありがとうございました。
おかげで素敵な1年を過ごすことができました。大感謝です。

初コメントもありがとうございました。またぜひ遊びに来てくださいね。
これからもずっとコギを見守ってやってください。

2009.09.06 Sun 21:53  |  あざーっす>むにすさん

えぇ、小生意気さんと言ったら負けてませんよ、宅のコギは。
聞き分けの悪さも天下一。
ということはコギは幸せで若い、猫らしい猫ってことですね。ばんざ~い。

ホントにチビ助の時期、あっちゅーまでした。
寒い時期は毎晩、数時間ごとに「妖怪 毛布掛けババア」(いち家にも出てた)に
なりながら、一緒に過ごした日々は確かに脳裏にがっつり記憶されてます。
でもね、かわいかったのよー、ホントに。だからもっと見せびらかしたかったのよー(笑

めぐるちゃんは生後どのくらいで来たんでしたっけ?
保護親さんのブログに出てたチビめぐちゃん、かわいかったなぁ。
あ、めぐるちゃんもそろそろ誕生日な頃なのかな?
ハルちゃんはシルバーウィーク中だな。

写真、めぐるちゃんに似てました?私もめぐるちゃん見てて、あれ?と思うこと多いですもん。
一度ハルちゃん含めて3匹並べてみた~い。

2009.09.06 Sun 21:38  |  祝福のちゅーをいっぱいありがとー>@naokoさん

@naokoさん、その後、体調はいかがなのでしょう?
季節変わりは体調に変化も出やすいので、くれぐれも無理されませんように。

それなのにちゅーをいただき、ありがとうございます。
コギにさっそく渡して、今夜は@naokoさんの愛いっぱいのちゅーに埋もれて
寝るように伝えます。

本当に、「この世に生まれて、きっちり生き延びて、いいおうち(か、どうかは
自信ないけど)にたどり着いて」って、とても恵まれたことなんでしょうね。
生まれた中でどれだけの子が家を得ることができるのか、考えると
たまらない気持ちになります。
その上、運良く先天的な病気もなく、ここまで育ってくれる確率まで考えたら・・
世の中のその確率が少しでも上昇するといいですね。


ブランドのバッグ・・ですか・・。それはわがまま過ぎやしませんか?
日サロ・・あれ以上黒くなってどーするんですか?
年頃の娘を持つ親の気持ちが少しわかってきたような・・(笑


2009.09.06 Sun 21:24  |  ダイジョブ。ありがとー♡>テラコッコさん

本当に巡り合わせって不思議。
もう本当に何件も黒い子猫の里親に立候補したり、問い合わせをしたけど、
すっと話が進んだのはエルコギだけだったの。
やっぱり人間も動物も縁ってあるんだろうね。

チビエースくんの写真、以前の記事のかわいかったよねー、ホントに♡♡
でもあんまりないんだ?
今は、少し痩せた、とか少し大きくなった、とか多少の変化だけど、あの頃って
日々成長してたから、写真もっと撮っておきたかったよね・・
二度と見られないあのチビっぷり。寂しいけど仕方ない。
元気に大きくなったんだからヨシとしよう。ね。

エルは超ド級の人見知りだったから、ずっとケージから出て来られなくて、
でもコギが歩き回ってるのを見て少しずつ出てきたの。
コギがいたからエルは慣れてくれたんだと思う。
コギもずっと一緒だった兄弟と離されて寂しかったのをエルにくっつくことで
慰められてたと思うし。
おもちゃの遊び方なんかはコギが教えて、猫としての作法はエルが教えた感じだし(笑
いい感じに補い合ってくれた。

その頃からエルは母性に目覚めたのかな。今でもコギのすることじっと見てたり、
おやつを譲ったり、離れたところでコギが鳴くと飛んで来たりするの。
不思議な関係なんです。

>野良さんが産んだ子は、近親交配の場合もあるので、
その場合、成猫になるくらいで、突然死しちゃうケースが多いって、見つけたの・・・

うん、私もそれ読んだことあります。だからコギが大きくなってくれるまでヒヤヒヤ、
ハラハラしてた。
エルは頑張って過酷な環境の外で生き延びたし、すぐ大きくなったから少し安心感
あるんだけど、コギは大きくなるのに時間もかかったし、すぐ風邪ひいたしで、
今年の春頃までは過保護に育ててたと思う。
そのせいで今度はメタボ寸前宣言状態になっちゃったなんて、とほほだけど(苦笑

もうここまで育ってくれたから大丈夫。お互い元気に大きく育ってくれて良かったね。
これからも1年1年を大切に丁寧に過ごしましょう。

コギにはケータイは渡しません。出○い系(里親募集?)とかにハマるといけないから。

2009.09.06 Sun 20:06  |  誕生日おめでとうございます

お久しぶりです。ブログをいつも楽しみにしています。
拾ってすぐのとき体重129gだったコギちゃん、ほんとに大きくなりましたね♪
はじめての顔合わせの日、エルちゃんがコギちゃんの顔をペロリとなめてくれことも忘れられません。
うちに残った兄弟の黒猫サムと白黒猫の花の目の色は今でもコギちゃんとそっくりみたいです^^
  • #HYQt13HU
  • tida
  • URL
  • Edit

2009.09.06 Sun 19:35  |  

お誕生日おめでとうございますー♪
ちょっと、小生意気なくらいが幸せ&若いって証拠ですよね。
あんまり聞き分けの良い猫は猫っぽくないもの。

チビ助の時代はあっという間。
その時期を一緒に過ごせたってかけがえない思い出ですね。
『ロクなデジカメがなかった』分(笑、うちは今もだ)、脳裏にがっつり記憶されているハズ。

コギちゃん、やっぱりめぐに似てる~。
  • #-
  • むにす
  • URL
  • Edit

2009.09.06 Sun 18:25  |  

コギたん、この世に生まれて、きっちり生き延びて、いいおうちにたどり着いておめでとう!
おばさんは祝福のちゅーをいっぱい送ります。
で、ギャルとしてはやはりブランドのバッグ買ってくんなきゃヤダ~とか、日焼けサロンにいくからおこずかいちょーとか、いっぱいワガママ言ってくださいね。
  • #-
  • @naoko
  • URL
  • Edit

2009.09.06 Sun 15:40  |  風邪、大丈夫??無理しちゃだめよーー!!

コギちゃん!
誕生日、おめでとうーー♪
素敵なめぐり合わせがあって、
幸せな誕生日を迎えられて、よかった!

私も、チビエースの写真が、ほとんどないんですー(´A`。)グスン
すごく、後悔・・・

エルちゃんに、頭くっつけて寝てる、
コギちゃんの表情ったら、
『幸せっ』ってのが、ピッタリねー!
生後10日ほどのお写真見ると、(違う生き物みたいね)
本当に、無事にココまで育ってくれて、
ありがたいですね~

昨日、ネットをウロウロしてたら、
野良さんが産んだ子は、近親交配の場合もあるので、
その場合、成猫になるくらいで、突然死しちゃうケースが多いって、見つけたの・・・
エースの親も、素性が分からないから、
すごく、怖くなっちゃいました。
1年1年、とっても、ありがたいです!

PS・コギちゃん
携帯ゲットしたら、アドレス教えるから、
こっそり知らせてねー!
  • #-
  • テラコッコ
  • URL
  • Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://cogitoergosumu.blog24.fc2.com/tb.php/147-bf4bf601

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

translate

powered by 3ET

profile

COG

Author:COG
2008年8月8日に18年間
連れ添った愛猫ダダを亡くし、
もう飼わないと心に誓って
いたのに結局また黒猫達の
飼い主になりました。
2008年9月生まれのCogitoと
2008年5月生まれのErgo、
精力的に活動中。
黒猫2代目と3代目の日々を
ぼちぼち綴ります。

DADA

Cogito&Ergo

recent entry

new comment

category

monthly archive

you can do it

いつでも里親募集中

FC2 counter

ranking

admin menu2

WEBコンサルティング joomlaでホームページ制作 ブログパーツ制作

online counter

現在の閲覧者数:

calendar

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

clock

電力使用状況グラフ

photo

link

books1

どうも私はお台場とか汐留とか、ああいう 再開発系エリアが好きになれません。(もし住んでいる人がここに遊びに来てくれていたらごめんなさい。) 田舎者と思われるかもしれませんが、 六本木ヒルズも嫌いです。 青山だって西麻布だって麻布十番だって、 やっぱり昔の方が良かった。 笄町や霞町なんて雰囲気あったもんなぁ。   今じゃ神楽坂の裏道とか代官山の一部や下町にしか、 その土地の空気を感じられなくなった気がする。 もちろん狭くて地価の高い東京のどこも かしこもを、いかにもっと収益を上げられる エリアに変貌させブランド化できるかは、 一部の企業にとっては死活問題だと思うけど、 Produced by・・と海外著名建築家をゼネコンが 引っ張って来てコーディネーションし、周辺環境 との調和も考えず、似たり寄ったりな高層ビルを 建てるのはもう飽き飽き、と思ってた。 だからと言って、中途半端に個性を主張しようと 大金を投じた挙げ句ちゃちなテーマパークのような建物を 建てられると、それはそれでいたたまれない。 東京のどこかの街に立って、高いビルやその隙間から 見える空を見上げるとき、自分が今どこにいるのか わからなくなる、あのちょっとした不安感と切なさに 似た気持ちは、まるであまり知らない海外の都市で 感じるような居心地の悪い寂しさに近い。 なんで東京はこんなになっちゃったんだろう、と 寂しく手に取った1冊。 とにかくそんなになった理由は少しわかった気がする。(COG)

books2

猫インテリア・・と言う割には後半は猫以外にも、うさぎ、亀、モルモット、はては金魚まで登場のインテリアブックです。ポストカード付き。 みなさん、いかにもペット飼ってます、という雰囲気なく暮らしているのに、それでいて一緒に暮らしている猫達は幸せそう。ちゃんと一緒に暮らすマナーを教え、猫の嗜好を理解し、必要なものをきちんと与えていれば、人間の趣味も抑制することなく気持ちよく暮らせるんですね。(COG)

books3

たまりません。ヒントもいっぱい、参考になります。猫用に部屋をカスタマイズしたいと思う方、日本のペット・グッズなどに抵抗のある方はぜひ!(COG)

出版社/著者からの内容紹介 本書は日本で初めて、世界じゅうのいぬとねこのインテリアを1冊にまとめたものです。ひとたび、ペット愛好家のおうちを見ると、そこには専用ベッド、スタイリッシュなペットハウス、壁やドアに施された通り穴、ねこのための階段、ネコタワー、階段下や家具のすき間などデッドスペースの活用etc. 愛すべきペットへの愛情がはっきりとしたデザインとなっていることを目の当たりにすることができます。  本書では、こうしたペットと人間が共存する、先進的なインテリアに対する取り組み例を、パリ、ロンドン、ミラノ、ニューヨークといった海外の主要都市のほか、日本国内からも多数紹介。さらにペットにまつわる各国の最新事情もあわせて掲載しました。また、国内で買うことができるペットハウス、フードボウル、ペットトイetc. 多岐に渡るペットグッズのジャンルの中から、“デザイン重視”で厳選して掲載。   内容(「MARC」データベースより) ペットのデザイングッズ200点紹介、海外のおしゃれないぬ・ねこルーム大公開、ペットのためのセレクトショップやLOHASなカフェなどのトピックほかを掲載する。 出版社からのコメント 巻頭には、MoMAでも認められた“アニマルラバーバンド”を封入するなど、まさに充実の1冊に仕上がりました。

books4

これが私が買ったクリアファイルのNOROちゃんの本です。ヨーロッパ各国を飼い主夫婦と旅して撮った写真がいっぱい。飛行機乗せられたり、ちょっとかわいそーとも思ったけど、こんな素敵な写真が撮れるなら試してみたい気も・・私だけじゃなく、黒猫飼い主さんならその気になりそう。(COG)

生花店の看板猫「ノロ」が、飼い主夫婦と共にヨーロッパを旅することになりました。 旅のはじまりから終わりまで、素敵なPHOTOと可愛いデザイン、便利な情報がこの本の肝。旅好き猫好きの皆さんは、トキメかずにはいられない1冊です! [旅の主な行程] 日本→パリ→ドイツ(バーデンバーデン)→スイス<アルプス越え、インターラーケン>→イタリア(ミラノ、トリノ、イタリアンリビエラ、ニース、モナコ)→スイス→ドイツ(アウトバーン)→デンマーク<フェリー>→スウェデン→オランダ→ベルギー→パリ→日本 [著者プロフィール] 平松謙三 1969年岡山生まれ。東京都在住。デザイナー。妻と共に西荻窪で生花店『la hortensia azul』を経営。 幼少の頃から鳥を飼いつづけ、30年猫嫌いで通すも、なぜか今では大の猫好きに。趣味は旅行と乗り物全般、お茶。 内容(「BOOK」データベースより) ヨーロッパでなつやすみを過ごすハメになった黒猫ノロの、不本意ながらも楽しいバカンス。猫好き、旅好きも羨むエピソード&ハウツーが満載。

ブロとも?

bbs

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。