Cogito Ergo 住む

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
17
 
昨夜、コギは強烈に挙動不審でした。
興奮しているような、怯えているような、どこか身体に異変があるような、もしくは
それらが全部重なったような状態でした。

寝る時間になり部屋に連れてくると、すごい勢いで走り回り、本棚の一番上によじ上り、
抱き上げて下ろそとすると爪を立てて嫌がります。
時々、背中をぴくぴくさせながら、激しく右の後ろ足を舐め、など、とにかく普段の
夜とは全く違いました。

最初は何か興奮することがあったのかもしれないけど、そのうち落ち着くだろうと
高をくくっていましたが、1時間経っても2時間経っても変わりません。

いつも寝ているベッドに寝かそうとしても、私が置いた不自然な体勢のまま身じろぎもせず、
そして目を開けたまま。
そのうちようやくそばに来て、お腹の上で寝る体勢を取りはしたものの、眠るというより、
何か安心材料としてくっついていたい、でもあんまり触らないで、という雰囲気なのです。

結局、私もほとんど眠れずに朝を迎えました。
そして1日気になりながら仕事をし、帰宅早々、(またも)病院に連れて行ったのですが・・

「だいじょーぶ、だいじょーぶ、あるよ。妙に興奮状態になることだって、そのせいで
背中ぴくぴくすることもあるし」

・・やっぱり  orz
事前に電話入れたら、絶対そう言われるんだろうと思って直接来たのにな。

それでもと、念のため心音、熱、耳、気になる足、瞳孔から、果てはノミまでチェックして
くれましたが、全て異常なし。う~~~~~~~~。なんだったんだ???

「あんまり人間が神経質になると、猫にもうつるよ。」と言われました。そりゃいかん。

あまりにも異常が見つからなかったので、せめてと思い色々質問。
猫が何もないところをじっと見ていることがあるのは、人間には感じない音や何かの振動を
感じているからだ、だから、今回のも実はコギが苦手な周波数の音が聞こえてたりして、
こういう状態になっている可能性もあるということ、それから、猫はエアコンが嫌いで
多少暑くても適当に冷たいところを探して移動するから、極力エアコンはない方がいいと
いうことを教わって、とぼとぼ帰ってきました。

とは言え、まだやっぱりいつものコギじゃありません。
憂鬱そうだし、相変わらず足は振ってるし、遊ばないし、変なとこに寝てたりする。
コギぺったり
まぁ、そのうちなおると思うから、ちょっと放っといてみてよ

と思っているのかどうか定かではありませんが、少し様子を見ることにしようと思います。

というわけで、今回のタイトルはビビり猫の話ではなく、ビビり人間の話なのでした。

Comment

2009.08.20 Thu 10:58  |  2にゃん、確かに・・>こんたさん

小町姫も心配ですねぇ・・
時期的なものもあったりするのでしょうか。
時々、新しいおもちゃを入手して気を引いたりしていますが、
猫ってヤツは飽きっぽくてかないません。

2にゃん、確かに難しいところがあるかもしれませんね。
今、コギが具合悪いので、ついつい声をかけたり、なでたり
することが多く、気がつくとエルがじーっと見てたりします(苦笑

こんたさんのその記事、気になるので夜見に行きます。
いろいろありがとうございます。とても参考になります。
  • #-
  • COG
  • URL
  • Edit

2009.08.20 Thu 10:28  |  ようやくなんとなく・・です>テラコッコさん

いよいよお休みに入ったのですね。お盆中はお疲れ様でした!

ほんとに今回のはなぜ、何が原因で、というのもさっぱりわからず、
どきどきはらはら、びっくりしました。

ずっと寝るときもちんまり、おどおど、という感じだったのですが、
ようやく今朝は少しのび~っとして寝ていたので、ちょっとだけ
気が楽になりました。

でも、相変わらず右足の裏をしょっちゅう舐めてるし、触ると
飛んで逃げるし、おしりやしっぽ付近にも神経質になっています。
なんなんだろう?

ちょっと思ったのが、蚊に刺されたりした?ということ。
蚊に刺された猫を見たことがないので、どんな反応をするのか
わからないんで、勝手に想像しているだけですが・・

でもでも、あと数日で本格的に復帰してくれそうな予感があります。
ご心配いただき、本当にありがとう!神経質で申し訳ないっ!!(笑
  • #-
  • COG
  • URL
  • Edit

2009.08.19 Wed 21:08  |  

小町はあいかわらず窓のところで鳴きつづけるのです。
餌で誘ったり、おもちゃで誘ったりしますが
そのときは遊んでくれますが。
また。。。。
おもちゃに興味がなくなったのかな?
うちは2にゃンなので、
グレンを撫でていると近くにきます。
前の記事にどっちを本当に好きなの?って
書いたことありますが。
2にゃンは難しいです。
グレンはマイペースです^^
  • #-
  • こんた
  • URL
  • Edit

2009.08.19 Wed 16:46  |  

お久ぶりですーー!

コギちゃん、どうしたのでしょう??
たまに、走り回ったりして、
興奮状態になることは、あるものの、
一晩続くと、心配しちゃいますものね~・・

その後、落ち着いたのかしら??

でも、神経質といわれても、
心配性といわれても、
やはり、念には念を・・・になる気持ち、
分かりますっ!!
  • #-
  • テラコッコ
  • URL
  • Edit

2009.08.19 Wed 09:56  |  ありがとうございます!>りんごANE さん

私だけが異常に神経質なわけじゃないのね、と、ほっとしています。
どうもまだダダを亡くしたことが尾を引いているのか、ちょっとした
ことでもすごく気になっちゃうんですよね。

とは言え、今回のは既に3日ですから、やっぱり気になります。
全く食欲がない、動かない、抱かせない、という状態ではないので、
たぶん様子を見ていれば、あと長くても数日で、なんだったの??と
思わされるのだという気がするのですが・・。

今の先生は動物の自己治癒力を知っている、信じている、というタイプです。
確かにすぐ病院で薬をもらったり、注射したりしなくても自分でがんばる力は
持って欲しいと思います。
人間も動物も最終的には「自分の中に潜在する力」で左右されますもんね。

ただ、エル(大きい方)は小さい頃に過酷な環境で生き延びたからか、
その力は大きく、自己治癒力が高い印象があるのですが、コギ(小さい方)は
捨て猫だったのに、ありがたいことに箱入り(段ボールに入れられて捨てられてたから、
という意味ではなくw)で育てていただいて、我が家に来たので、その潜在力は
エルと比較すると小さいような気がするのです。

大げさに言えば野生動物とペット動物の違いという感じです。
なのでついついコギに対しては過保護になりがちなんですよね。

まずは今日いっぱい様子を見て、好転する兆しが少ないようだったら
再度、病院に連れて行こうと思っています。
何がきっかけなのかわかりませんが、早く普段の状態に戻って欲しいものです・・(涙

2009.08.19 Wed 09:25  |  ご心配いただき、ありがとうございます>てくこさん

若干、上向いてきた印象はあるのですが、まだ普段の様子とは
ずいぶん異なっています。

強いて言うなら、何かに少し怯えている、自信がない、というような
感じに見受けられるのですが、原因はさっぱりわかりません。

どこにいてもリラックスした感じがありませんし、いつもなら
狂喜乱舞のじゃらし遊びにもほとんど興味を示しません。
でも食欲はさほど変化なく、ウンチもちゃんとしてるし。
気になるのは後ろ右足肉球をさかんに舐めること。
が、先生に見ていただいても問題はなかった・・となると、
正直、お手上げです。

セカンドオピニオンも考えてはいますが、現段階では、
今お世話になっている先生を信用しているんですよね。
前の猫を亡くしてまだ1年と、日が浅いので、何かちょっとあると
すぐ神経質に気にしてしまうんですが、腕のいい先生だと思っているので、
大丈夫と言われると「ホントに?絶対?」なんて詰め寄りながらも、
どこかでほっとしている感じです。

今日いっぱい様子を見て、好転の印象が持てなければ、また強行して
連れて行きます。

気になる状態になって、たかが3日、されど私にとっては、もう3日ですから(苦笑
心配してくださって本当にありがとうございます!変化があったらまたご報告します!

2009.08.19 Wed 04:29  |  

数分ならまだしも、長時間興奮状態が続いたらこちらも心配に
なりますよー。動物は言葉を話さないし、少し神経質に体調を
チェックしてる位が良い気もします(^^)

検査結果に特に異常無しで取りあえず良かったです。
まだ続くようであれば念の為に血液検査してみるのも手かも。
早く普段の状態に戻るといいですね。
  • #-
  • りんごANE
  • URL
  • Edit

2009.08.19 Wed 02:29  |  

その後、どうですか? もう元に戻りましたか?
確かに、たまに猫が挙動不審(原因不明の緊張状態)になることはありますね。
でも、せいぜい数分~数十分でしょうか。うちの場合。
次の日になっても、様子がおかしいなんて、それは「気にするな」って言われても気になりますよねぇ。
確かに、猫は耳がめちゃくちゃいいらしいので(人間の20倍は聞こえるとか?)、人間には聞こえない何かが聞こえて落ち着かなかったりしてるのかもしれませんね。
個体差(性格)もあるだろうから、2匹とも反応するとは限らないし…
あと「飼い主の精神状態が猫に不安を与えることもあるから、あまり神経質にならないほうがいい」っていうのは、私も聞いたことがあります。
とはいえ、あまり続くようだったら、セカンドオピニオンに相談するのも手かもしれませんね。
なんでもかんでも「大丈夫、大丈夫」で片付けられちゃうのも、ちょっと不安ですよね…
あ、なんのアドバイスもできなくて、すみません。
  • #-
  • てくこ
  • URL
  • Edit

2009.08.18 Tue 21:02  |  小町姫も?>こんたさん

時々こんなふうになったりするのでしょうか?
どのくらいの期間続くのですか?
環境とはエアコンとかのことですか?
それとも私のせい・・?ううっ(言ってないって)

良かったらもう少し詳しく教えてください。
まだ飼い主、実はビビってるもんで・・

2009.08.18 Tue 20:45  |  

コギさん大丈夫ですか?
小町も少しそういう傾向あります。原因わからないのは嫌ですね。
健康に問題無ければ、環境なのかな?
  • #-
  • こんた
  • URL
  • Edit

2009.08.18 Tue 20:15  |  悪いタイミングまでタイミング合致!?>いちさん

その後ハルちゃん大丈夫?
シーバで元気になったのかな。
(とうとう禁断のシーバを知ってしまったのね・・)
食べなくて胃液吐くなんて、どれだけ食べなかったんだ、ハルちゃん(涙

うちは、もーよくわからん(号泣
元気ないからちょっとジャンクなおやつを買って与えてみたりすると結構食う。
でも、とにかく高いところにひっそり隠れてるし、相変わらず右後ろ足を
モーレツぷるぷるするし、なんかキョドってる。目もどよ~ん。
ごろごろだって言わないし、すごい寂しい&不安っす。
普通のコギぞー、カムバーック!

先代さんのと一部重なる感じだなぁ。そんな状態どのくらい続いた?
いつまで放っておいていいものやら・・って言っても、先生はダイジョウブって言うし。
えぇえぇ、どーせ私は神経質オンナですよ。

エアコン、適宜使用かぁ。ホント言うこと違って混乱するよね。
でも、まぁ、誰もちゃんと猫に聞いた訳じゃないから仕方ないんだろうけど。


2009.08.18 Tue 18:28  |  

「なんでこんな偶然なんだろ」と思って読みました。
ウチのは胃液吐きだったけど、同じく昨日、獣医に駆け込んじゃった^^;
飼い主ビビり~炸裂☆
「空腹吐き」でしょって事でした。最近暑い時間帯は寝てばっかりで、あんまり食べないから><(夕方~深夜に食うのだ;;)

コギちゃんは興奮状態?-?
でも走り回ってるなら元気なんだよね。ゴハンはいつもどおり?
興奮した後は疲れるから、今日はゴウっと寝てるかな~?
先代猫は「真夜中の大運動会」を、たまにやってたよ~
火がついたみたいに走り&昇り降り。仔猫がキャーッ♪と興奮して遊ぶのとは、ちょっと違うような、イライラ衝動プラス?な感じ。
とくに原因は思い当たらなかったから、なんか満月~とか、避妊手術したとは言えヒート的なものとか?って、いつも様子見してた(寝れんけど笑)

とはいえ、いつもと様子が違うとビビるよねえ~~!
でもお医者さんが平気と言うんだから^^
*ウチのお医者は「温度管理してますか?」とエアコン適宜使用を推奨。。
 言う事ちがうよねえ^^;

2009.08.17 Mon 23:23  |  そうなんですよねぇ(苦笑>akiraさん

新しいものは導入していないので、外から何か聞こえるのでしょうか。
まさか、大地震の前の微かな地鳴りとかだったりして・・ひゃー。

エルは変化ありません。でもあまりコギはエルの近くに行きません。
もしかしたら最近のじゃらし遊びで、エルがあまりにもハードに暴れるから、
怖くなったのかも?

なんにせよ、もう少し気持ちにゆとりを持って様子を見ることにします。
私も今夜は「大丈夫だよ~」とコギ(自分にも)に言い聞かせてみます。
ありがとうございます。

2009.08.17 Mon 23:04  |  

う~ん。そうはいわれても気になるのがボクら飼い主。
何か新しいものを買って、それが嫌いな周波数出しているとか。(違いますよね……)
エルちゃんの方はなんとも無いのですよね……。
やっぱりちょっとだけ様子をみるのが良いのかもしれないですね。
ボクなら「大丈夫だよ~」とかとりあえず言ってみます(自分のためにも)。






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://cogitoergosumu.blog24.fc2.com/tb.php/138-83ea167f

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

translate

powered by 3ET

profile

COG

Author:COG
2008年8月8日に18年間
連れ添った愛猫ダダを亡くし、
もう飼わないと心に誓って
いたのに結局また黒猫達の
飼い主になりました。
2008年9月生まれのCogitoと
2008年5月生まれのErgo、
精力的に活動中。
黒猫2代目と3代目の日々を
ぼちぼち綴ります。

DADA

Cogito&Ergo

recent entry

new comment

category

monthly archive

you can do it

いつでも里親募集中

FC2 counter

ranking

admin menu2

WEBコンサルティング joomlaでホームページ制作 ブログパーツ制作

online counter

現在の閲覧者数:

calendar

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

clock

電力使用状況グラフ

photo

link

books1

どうも私はお台場とか汐留とか、ああいう 再開発系エリアが好きになれません。(もし住んでいる人がここに遊びに来てくれていたらごめんなさい。) 田舎者と思われるかもしれませんが、 六本木ヒルズも嫌いです。 青山だって西麻布だって麻布十番だって、 やっぱり昔の方が良かった。 笄町や霞町なんて雰囲気あったもんなぁ。   今じゃ神楽坂の裏道とか代官山の一部や下町にしか、 その土地の空気を感じられなくなった気がする。 もちろん狭くて地価の高い東京のどこも かしこもを、いかにもっと収益を上げられる エリアに変貌させブランド化できるかは、 一部の企業にとっては死活問題だと思うけど、 Produced by・・と海外著名建築家をゼネコンが 引っ張って来てコーディネーションし、周辺環境 との調和も考えず、似たり寄ったりな高層ビルを 建てるのはもう飽き飽き、と思ってた。 だからと言って、中途半端に個性を主張しようと 大金を投じた挙げ句ちゃちなテーマパークのような建物を 建てられると、それはそれでいたたまれない。 東京のどこかの街に立って、高いビルやその隙間から 見える空を見上げるとき、自分が今どこにいるのか わからなくなる、あのちょっとした不安感と切なさに 似た気持ちは、まるであまり知らない海外の都市で 感じるような居心地の悪い寂しさに近い。 なんで東京はこんなになっちゃったんだろう、と 寂しく手に取った1冊。 とにかくそんなになった理由は少しわかった気がする。(COG)

books2

猫インテリア・・と言う割には後半は猫以外にも、うさぎ、亀、モルモット、はては金魚まで登場のインテリアブックです。ポストカード付き。 みなさん、いかにもペット飼ってます、という雰囲気なく暮らしているのに、それでいて一緒に暮らしている猫達は幸せそう。ちゃんと一緒に暮らすマナーを教え、猫の嗜好を理解し、必要なものをきちんと与えていれば、人間の趣味も抑制することなく気持ちよく暮らせるんですね。(COG)

books3

たまりません。ヒントもいっぱい、参考になります。猫用に部屋をカスタマイズしたいと思う方、日本のペット・グッズなどに抵抗のある方はぜひ!(COG)

出版社/著者からの内容紹介 本書は日本で初めて、世界じゅうのいぬとねこのインテリアを1冊にまとめたものです。ひとたび、ペット愛好家のおうちを見ると、そこには専用ベッド、スタイリッシュなペットハウス、壁やドアに施された通り穴、ねこのための階段、ネコタワー、階段下や家具のすき間などデッドスペースの活用etc. 愛すべきペットへの愛情がはっきりとしたデザインとなっていることを目の当たりにすることができます。  本書では、こうしたペットと人間が共存する、先進的なインテリアに対する取り組み例を、パリ、ロンドン、ミラノ、ニューヨークといった海外の主要都市のほか、日本国内からも多数紹介。さらにペットにまつわる各国の最新事情もあわせて掲載しました。また、国内で買うことができるペットハウス、フードボウル、ペットトイetc. 多岐に渡るペットグッズのジャンルの中から、“デザイン重視”で厳選して掲載。   内容(「MARC」データベースより) ペットのデザイングッズ200点紹介、海外のおしゃれないぬ・ねこルーム大公開、ペットのためのセレクトショップやLOHASなカフェなどのトピックほかを掲載する。 出版社からのコメント 巻頭には、MoMAでも認められた“アニマルラバーバンド”を封入するなど、まさに充実の1冊に仕上がりました。

books4

これが私が買ったクリアファイルのNOROちゃんの本です。ヨーロッパ各国を飼い主夫婦と旅して撮った写真がいっぱい。飛行機乗せられたり、ちょっとかわいそーとも思ったけど、こんな素敵な写真が撮れるなら試してみたい気も・・私だけじゃなく、黒猫飼い主さんならその気になりそう。(COG)

生花店の看板猫「ノロ」が、飼い主夫婦と共にヨーロッパを旅することになりました。 旅のはじまりから終わりまで、素敵なPHOTOと可愛いデザイン、便利な情報がこの本の肝。旅好き猫好きの皆さんは、トキメかずにはいられない1冊です! [旅の主な行程] 日本→パリ→ドイツ(バーデンバーデン)→スイス<アルプス越え、インターラーケン>→イタリア(ミラノ、トリノ、イタリアンリビエラ、ニース、モナコ)→スイス→ドイツ(アウトバーン)→デンマーク<フェリー>→スウェデン→オランダ→ベルギー→パリ→日本 [著者プロフィール] 平松謙三 1969年岡山生まれ。東京都在住。デザイナー。妻と共に西荻窪で生花店『la hortensia azul』を経営。 幼少の頃から鳥を飼いつづけ、30年猫嫌いで通すも、なぜか今では大の猫好きに。趣味は旅行と乗り物全般、お茶。 内容(「BOOK」データベースより) ヨーロッパでなつやすみを過ごすハメになった黒猫ノロの、不本意ながらも楽しいバカンス。猫好き、旅好きも羨むエピソード&ハウツーが満載。

ブロとも?

bbs

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。