Cogito Ergo 住む

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
14
 
何度も書いて(言い訳して)いますが、猫の撮影は難しいです。
特に黒猫の黒い毛と目、これをきれいに撮るのは至難の業です。

昼間の方が室内の黒猫は毛の質感などは撮影しやすいけれど、黒目が細くなるので、
どうしても人相(猫相)が悪くなります。

じゃあ、夜の方がいいかと言うと、確かに黒目は丸いし、目で見ている分には
かわいいのですが、それこそ夜間の室内にいる黒猫なんて、たいしたカメラ、レンズも、
ロクな腕もない素人には、まともに撮れるもんじゃありません。

直接ストロボを当てずに天井にストロボを反射させて撮るといいのはわかっていますが、
うちにはそんな角度調節可能かつ大きなストロボはありません。
白い壁をなるべくレフ版代わりに使うくらいしかできません。

でも、なんとかたまにはかわいい写真を撮りたい、ということで、目にキャッチライトを
入れて撮ってみることにしました。

天井のダウンライトが写り込むように上を向かせて、自分もソファーに登り、
左手でじゃらしを振り、右手でカメラを構え・・ようやく撮ったのがこの写真です。

キャッチライトコギ
目がきら~ん☆でアイドル顔(独断)

足元が安定しないソファーの上から、片手でデジイチなので、締まりのない写真です。
でも、表情はいつもよりもかわいく見えると思います。

いい気になって続けてエルを・・と思ったら右手握力の限界。ソファーからもずり落ちました。

キャッチライトエル
ごめんよ、エル。せっかくかわいく撮れそうだったのに。

左目の中のキャッチライトも流れています。(なぜか右目のは♡型)

でもでも、やっぱりアイドルが多用しただけのことはある。キャッチライトは効果的。
キャッチライト、またの名を「べっぴんライト」。威力あります。

軽いカメラで、できれば二人がかりでの撮影をお薦めしますが・・

Comment

2009.08.17 Mon 22:43  |  ありがとうございます>りんごANE さん

早速リンク貼らせていただきました。これからもよろしくお願いしま~す!

デジイチ購入したと書いてありましたが、D40だったんですね。
D40はいいらしいですね。愛好家も多いとか。

角度調節できるストロボも購入検討中とのこと、ますます楽しみですね!

レンズに凝り始めたら深みにはまるようですよね。
とりあえずは角度調節できるストロボと三脚(この2つは私も欲しい!)までに
なさった方がよろしいかと・・(笑

D40画像アップを楽しみにまた遊びに伺います。

2009.08.17 Mon 20:46  |  

リンクの件ありがとうございます(^^)私も是非貼らせて下さい!!
お、タイムリーに(私の中で)カメラの話題だ~!!
実は先日チョット古いのですがニコンのD40を買いましたので
参考になります。べっぴんライトも黒眼が可愛く写って良いです
ね(^^)

夜の室内での撮影って、やっぱり圧倒的に光が少ないので
難しいです。角度調節できるストロボも購入検討中ですがデジ
イチって装備を本格的に揃えようと思ったら、かなりお金がか
かるので溜息が出ちゃいます(泣)
また色々教えて下さい(^^)
  • #-
  • りんごANE
  • URL
  • Edit

2009.08.16 Sun 14:35  |  えっと、カリブからはいつ戻るのかな?>いちさん

かわいい顔してる時は、「うちの子、事務所に入れようかしら?」と
勘違いするジャニーズ予備軍の子を持った母のようになる(笑
宅のコギ、人見知りもビビりもないから、いけるんじゃないかしらぁ?(ウソです)

ハニワ顔(爆笑
そうだねー、まさしく、お目目ぽっかり、って感じ!
でも撮影難しいよねー。ストロボ(フラッシュか)たかずに(使わずにか・・どうも昭和の言葉が)、
室内を明るくしまくっても限界が・・結局、若頭写真ばっかり増えて・・(がっくし)

「べっぴんライト」・・ダメ?
ほら、だって、小悪魔ageha専属モデルのなんとかちゃんが「べっぴんミラー」とやら
デザインしてたじゃん?(中途半端な情報)

まぁ、なにはともあれ、二人でぜひ。
頭か肩にじゃらしを装着・・その姿を想像して大笑いした!
ヘアバンドとかに挟むの?それともヲタクっぽくカチューシャに付けるとか?(爆笑
その上、アッキーナ状態で「にゃんにゃん」とやっているいちハチ夫婦を勝手に想像・・
あ、爆走し過ぎました。ごめんなさい。

黒猫の顔認識機能での撮影は無理でしょう(笑
もしかしたら海外向けの様々な肌色に対応するような顔認識機能なら可能かも?
(そんなん、あるのか?)
かわいい黒猫の寝顔撮影はレベル5とみた。

ん?カメラGX200の方が良さそうだった?
どのポイントかしら。詳細キボンヌ(頭からヲタが抜けてない・・でもさすがに死語か?)
デジイチ検討中?どれを悩んでる?新しいオリンパスのPENなんていかが?

2009.08.16 Sun 14:16  |  よれよれです(笑>akiraさん

撮り終わって、はーはーしてました(苦笑

なんかね、D60はオートが甘いんですよ。
さすがにマニュアルでは撮れないから、オートにしてるんですが、ピンがあまあま・・
なんででしょう?

それにしても動物専門カメラマンさんって、大変だろうなぁ。
たくさんの機材と共に、じゃらしとか、ものすごい数持って入るんでしょうね。
アシさんも、じゃらしの振り方も覚えなきゃいけないし、大変だぁ(笑
一度、撮影現場を覗いてみたい。

akiraさんもキャッチライトで撮影されることがありましたら、ぜひ2人組でなさってください。

2009.08.16 Sun 11:51  |  

カリブでブランチを終えた、いちです(・_・b(二度寝まんきつ中)
ぬー、似て撮れてるなあ。アイドル顔は似るのかしら?-?

撮影は夕方が限界。。夜、よく見る黒目を真ん丸にした顔は(黒部分9割くらいのハニワチックな顔)写真に納められてないんじゃないかな・・・
活発に動く時間帯でもあるし「きら~ん☆」としてて可愛いんだよねえ。
若頭顔はもういっぱいあるから、ハニワも撮っておきたいわあ。

べっぴんライト(べっぴんってどうだ…笑)やってみようかな。
しかし2人がかりがいいよね><q
「セルフじゃらし撮り」は、軽~いコンデジでも手がふるふる(笑
頭か肩にじゃらしを装着すると良いです^^
「なにしてーん?」という、シラ~とした顔が撮れますっ><b

黒猫の寝顔でカワイく撮れたの希望。あれ可愛いのに~~撮れない!
うちのコンデジ、顔認識があるんだけど、寝た黒猫の時すげー迷ってる(笑
結局、首輪にピンが来たりするから、顔認識はオフ。
新らしげな多機能って、使うの及び腰になってしまうぅ~><q
Ricohの仕様、ちょっと見たけど、COGさんが前欲しがってたやつの方が
レンズ自体は良くない?-? 新機種は多機能なんかな~
デジイチ見てます。。。。仕様読んでるとボーッとしてくるw

2009.08.16 Sun 09:58  |  

ソファーに登って、じゃらし振りながらの撮影ですか!?
そりゃ大変(笑)
でもぱっちりおめめが可愛いですね^^
なかなか一人では難しいですよね……。
ボクももうちょっといろんな撮影の仕方を模索してみます^^

2009.08.15 Sat 17:00  |  苦労をわかってもらえて・・(涙>こんたさん

ありがとうございます。

がんばりました、私(笑。
この瞬間の自分の写真だけは撮られたくないと思うくらいに。

足は沈むし、グラつくし、左手でじゃらし振るたび右手が手ぶれしそうになるし、
当然ヤツらは動くしで、もー二度とやるもんか p > < q と思うくらい(苦笑

でも、もう少し頑張ればもっとかわいく撮れるかも、という気もするので、
そのうちまた挑戦します。今度は二人掛かりで。

エルの目のハート形、わかりました?不思議ですよね、片目は流れてるのに。

2009.08.15 Sat 15:23  |  

お目目ぱっちりで
綺麗に撮れてますね~。
じゃらしとカメラとキャッチライト
しかもソファーの上
大変でしたねー。
でもその甲斐があったですね。
エルちゃんのハート型が可愛い。
  • #-
  • こんた
  • URL
  • Edit

2009.08.15 Sat 15:19  |  コメントありがとうございます>てくこさん

こんにちは。毎日相変わらず暑いですね~。

黒猫に負けず劣らず、サビ猫サミちゃんも撮りにくそうですね。
がっちゃんは比較的、撮りやすそう・・かな。

黒っぽいと表情もわかりにくいし、どこがなんだか、さっぱりな
写真になりがちなんですよね。

てくこさんはカメラは何を使われてるんでしょう?
私はデジイチと言っても入門機なので、コンデジの方がいいかもしれないです。
今、コンデジ購入を目論んでますし(笑

黒目の細いの、黒猫だとやけにキツい雰囲気になるような気がして。
確かにカッコいいと見える場合もあるのですが・・
まぁ、要は腕次第なんだと思います(がっくり)・・

2009.08.15 Sat 00:51  |  

黒猫さんは、確かに撮影が難しそうですね。
ウチは、サビ猫が加わったときに(それまでは三毛猫1匹だった)、「なんでこんなにピントが合わないの!!」とビックリしました。
たとえピントがあっても、何がなんだかよくわからない写真が撮れるし…
なーんて、サビ猫と黒猫はまた違いますよね・・・
それに、私はコンデジでした。デジイチと一緒にするなんて、失礼しました。

「黒目が細くなるので、どうしても人相(猫相)が悪くなります。」
↑そうですか~?
私は黒目が細いのも、可愛くて(カッコよくて)大好きですよ!
  • #-
  • てくこ
  • URL
  • Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://cogitoergosumu.blog24.fc2.com/tb.php/136-a9d864b7

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

translate

powered by 3ET

profile

COG

Author:COG
2008年8月8日に18年間
連れ添った愛猫ダダを亡くし、
もう飼わないと心に誓って
いたのに結局また黒猫達の
飼い主になりました。
2008年9月生まれのCogitoと
2008年5月生まれのErgo、
精力的に活動中。
黒猫2代目と3代目の日々を
ぼちぼち綴ります。

DADA

Cogito&Ergo

recent entry

new comment

category

monthly archive

you can do it

いつでも里親募集中

FC2 counter

ranking

admin menu2

WEBコンサルティング joomlaでホームページ制作 ブログパーツ制作

online counter

現在の閲覧者数:

calendar

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

clock

電力使用状況グラフ

photo

link

books1

どうも私はお台場とか汐留とか、ああいう 再開発系エリアが好きになれません。(もし住んでいる人がここに遊びに来てくれていたらごめんなさい。) 田舎者と思われるかもしれませんが、 六本木ヒルズも嫌いです。 青山だって西麻布だって麻布十番だって、 やっぱり昔の方が良かった。 笄町や霞町なんて雰囲気あったもんなぁ。   今じゃ神楽坂の裏道とか代官山の一部や下町にしか、 その土地の空気を感じられなくなった気がする。 もちろん狭くて地価の高い東京のどこも かしこもを、いかにもっと収益を上げられる エリアに変貌させブランド化できるかは、 一部の企業にとっては死活問題だと思うけど、 Produced by・・と海外著名建築家をゼネコンが 引っ張って来てコーディネーションし、周辺環境 との調和も考えず、似たり寄ったりな高層ビルを 建てるのはもう飽き飽き、と思ってた。 だからと言って、中途半端に個性を主張しようと 大金を投じた挙げ句ちゃちなテーマパークのような建物を 建てられると、それはそれでいたたまれない。 東京のどこかの街に立って、高いビルやその隙間から 見える空を見上げるとき、自分が今どこにいるのか わからなくなる、あのちょっとした不安感と切なさに 似た気持ちは、まるであまり知らない海外の都市で 感じるような居心地の悪い寂しさに近い。 なんで東京はこんなになっちゃったんだろう、と 寂しく手に取った1冊。 とにかくそんなになった理由は少しわかった気がする。(COG)

books2

猫インテリア・・と言う割には後半は猫以外にも、うさぎ、亀、モルモット、はては金魚まで登場のインテリアブックです。ポストカード付き。 みなさん、いかにもペット飼ってます、という雰囲気なく暮らしているのに、それでいて一緒に暮らしている猫達は幸せそう。ちゃんと一緒に暮らすマナーを教え、猫の嗜好を理解し、必要なものをきちんと与えていれば、人間の趣味も抑制することなく気持ちよく暮らせるんですね。(COG)

books3

たまりません。ヒントもいっぱい、参考になります。猫用に部屋をカスタマイズしたいと思う方、日本のペット・グッズなどに抵抗のある方はぜひ!(COG)

出版社/著者からの内容紹介 本書は日本で初めて、世界じゅうのいぬとねこのインテリアを1冊にまとめたものです。ひとたび、ペット愛好家のおうちを見ると、そこには専用ベッド、スタイリッシュなペットハウス、壁やドアに施された通り穴、ねこのための階段、ネコタワー、階段下や家具のすき間などデッドスペースの活用etc. 愛すべきペットへの愛情がはっきりとしたデザインとなっていることを目の当たりにすることができます。  本書では、こうしたペットと人間が共存する、先進的なインテリアに対する取り組み例を、パリ、ロンドン、ミラノ、ニューヨークといった海外の主要都市のほか、日本国内からも多数紹介。さらにペットにまつわる各国の最新事情もあわせて掲載しました。また、国内で買うことができるペットハウス、フードボウル、ペットトイetc. 多岐に渡るペットグッズのジャンルの中から、“デザイン重視”で厳選して掲載。   内容(「MARC」データベースより) ペットのデザイングッズ200点紹介、海外のおしゃれないぬ・ねこルーム大公開、ペットのためのセレクトショップやLOHASなカフェなどのトピックほかを掲載する。 出版社からのコメント 巻頭には、MoMAでも認められた“アニマルラバーバンド”を封入するなど、まさに充実の1冊に仕上がりました。

books4

これが私が買ったクリアファイルのNOROちゃんの本です。ヨーロッパ各国を飼い主夫婦と旅して撮った写真がいっぱい。飛行機乗せられたり、ちょっとかわいそーとも思ったけど、こんな素敵な写真が撮れるなら試してみたい気も・・私だけじゃなく、黒猫飼い主さんならその気になりそう。(COG)

生花店の看板猫「ノロ」が、飼い主夫婦と共にヨーロッパを旅することになりました。 旅のはじまりから終わりまで、素敵なPHOTOと可愛いデザイン、便利な情報がこの本の肝。旅好き猫好きの皆さんは、トキメかずにはいられない1冊です! [旅の主な行程] 日本→パリ→ドイツ(バーデンバーデン)→スイス<アルプス越え、インターラーケン>→イタリア(ミラノ、トリノ、イタリアンリビエラ、ニース、モナコ)→スイス→ドイツ(アウトバーン)→デンマーク<フェリー>→スウェデン→オランダ→ベルギー→パリ→日本 [著者プロフィール] 平松謙三 1969年岡山生まれ。東京都在住。デザイナー。妻と共に西荻窪で生花店『la hortensia azul』を経営。 幼少の頃から鳥を飼いつづけ、30年猫嫌いで通すも、なぜか今では大の猫好きに。趣味は旅行と乗り物全般、お茶。 内容(「BOOK」データベースより) ヨーロッパでなつやすみを過ごすハメになった黒猫ノロの、不本意ながらも楽しいバカンス。猫好き、旅好きも羨むエピソード&ハウツーが満載。

ブロとも?

bbs

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。