Cogito Ergo 住む

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
25
 
昨日お伝えしたように、今日はキャットタワー導入の日でした。午後に無事届きました。
箱、おもっ!・・まぁ、重量ないと怖いですけどね。
でも2人で階段を持って上がるのが一苦労なくらいでした。女性一人だと大変そう。

穴の位置が微妙にずれてたり、と、所々にちゃちさは感じたものの、とりあえず
無事に組み立て完了。
棚板がないとただの広めなハシゴ、もしくはやっぱりウォールハンガー。
ヤツらが気に入らなかったら梅雨時の洗濯物干しにできますね。
最初、白く塗ろうかと思っていたのですが、結局そのまま。ちょっと障子の桟っぽい感じです。

筋交いが抜けないという理由で存在してるけど、住人にとっては邪魔な壁を活用、
そこに寄せて設置しました。
天井に突っ張るパーツが大きいのと、足の部分が背後にも多少出っ張っているのとで、
壁にぴったりはくっつきません。

まだ棚板なしにも関わらず、コギはハシゴ状のタワーをスタスタ登ってしまいました。
キャットタワ-1
ホントに黒サルだな。でも、下りる方法に困窮し、この後、救出され・・

キャットタワ-2
危ないからと下ろしたら、なぜかゴミ箱に入って作業を見守るコギ。「安全第一だからね」

ようやく天井に突っ張らせた後、棚板を窓や天井などを考慮し、上から逆算して取り付けます。
棚板は幅はないけど奥行きがそこそこあり、どちらかと言うと正方形に近い形状です。
なので、お座り体勢だと大きめだけど、腹這いになると手足しっぽがぶら~ん。

棚板が付くまでは興味津々だったコギですが、完成した途端、興味を失い、
エルに至っては組み立て時からソファーの下に入りっぱなしという先行き不安な状態。

仕方ないから、おやつで釣ってみました。乗ってしまえば抵抗はない様子。
キャットタワ-3
一番上でだれ~んと睥睨するコギ

キャットタワ-4
だいぶちょっと はみ出てるけど一応は収まったエル

キャットタワ-5
下からエルにちょっかいを出されて怒るコギ

そうそう、そうやって2匹で乗って、できれば仲良く遊んでちょうだい。

・・あー、だめですか・・すぐ飽きて下りてしまいました・・。
まぁ、初日だから、ということにしておきましょう。拒絶されなかっただけマシなのかも・・

結論:
嫌い、ではないようです。でも今日現在では好きでもない。人間が散々悩んで導入し、
一生懸命組み立てた甲斐は感じられなかった、という印象です。
外を見るというような人間が想像していた使い道はまだ思いつかないようですが、
今後に甘い期待をしたいと思います。



あ、一緒に買った爪切り&電動式爪ヤスリ、人間的には便利さを感じるアイテムでした。
・・が、元々嫌いな爪切りなので、なんとも言えませんが、抱えて試そうとしたら、普段より
怖がってました。大きいから、というのもあるかもしれません。
電動式爪ヤスリは小さなモーター音がするので、どうかなと思ったのですが、それには
あまりビビらず。結構ちゃんとやすれます。

爪切り1
見えにくいですがライトもちゃんと付いて確かに便利。

爪切り2
切った爪、やすった爪ともにカバーの中に入って飛び散らないようです。悪くないかも。

とまぁ、今回も散財で終わりそうな予感を抱えつつ、明日に期待をしたいと思っています。
また進展があったらご報告したいと思いますが、写真の数で想像していただくのが
一番かも知れません・・。(やっちまったか・・)

Comment

2009.07.26 Sun 22:24  |  乗ってくれました>akiraさん

今日も帰宅したら登ってみせてくれました。
まぁ、定位置になるとは思えませんが、完全無視ではないようで
ほっとしています。
次は外見て満足して欲しいなぁ。

ドギーマンショップなんて直営店あるんですか。
そこなら絶対ありますよね。
ぜひ一度手にとって大きさなど確認してみてください。
色はピンクでファンシーなんですけど・・。
なぜ日本のペットグッズはファンシーに寄るんでしょうかね。
MOMAとかで売ってる爪切りなどのペットグッズは決してパステルカラーじゃないのに。

お、しっぽの付け根の脂、雌も出るんですか。
今のところ大丈夫そうですが、これから気にしてちょこちょこチェックします。
情報ありがとうございました。

なんでゴミ箱に入ったんでしょうねー。
あんなとこ入ってるの見たことなかったんですが、コギなりに安全を考えたのかしら。
猫の考えることって、ほんとにわかりません。
まぁ、それがまた一緒に暮らしてて面白いんですけどね。

2009.07.26 Sun 12:02  |  

おぉ、登ってますね~^^
その感じだと大丈夫じゃないでしょうか。
慣れれば外も見てくれるかと・・・・。

爪切り、近くのお店には売ってませんでした。
そういえばちょっと離れたところに
ドギーマンショップがあったので、そこにでも見に行ってみます。

そうそう、猫のしっぽの付け根のお話ですが、
雌にもたまにあるみたいです。
そこには脂の分泌腺が多くあり、
その分泌が多いのが
去勢してない雄が一番多いそうです。
ひどく汚れたままにしておくと、
感染をおこしちゃう事があるらしいので、
ちょっと注意が必要だとか・・・。
まぁ触ってベタついてなければ大丈夫かと思います。

それにしても、ゴミ箱に入っているコギちゃんが、かわいい^^

2009.07.26 Sun 08:34  |  色々ありますねぇ・・>mnfostererさん

なんだか今年は大げさですが、激動の1年な感じです。
今までに増して、月日があっという間に経過している気がします。
年を取ると1年が早いと聞くし、疲れも全く取れないので、そのせいかもしれませんが・・

mnfostererさんのお宅のキャットタワーは、結構活躍してそうですよね。
うちもそうなってくれるといいのですが、ビンボータワーの時の方が
嬉々として遊んでいた気が・・
確かに猫は上から目線、好きですよね。その習性が発揮されて、無駄に
しないでくれればいいのですが。

爪切り、ほんとドラえもん(←ぱっと変換できた!すごいな藤子不二雄先生)の
グッズのようですね。「あっちで爪切り、こっちで爪研ぎライト~♪」なんて出てきそう(笑
びびらず使えたらご報告します。

結石、そんな優しい言葉かけないでください・・
最近、ここに来てくださる方々のコメントを密かに読んで、「ほーら、やっぱり大変だって」と
図々しく言うようになってきたんです(怒
優しい方が多いから嬉しかったのでしょうが、そんなに家では甘やかすもんか!

> キャットタワー、これから活躍しそうですね~。
> しばしば飽きることがあったりはしても、高い所好きの猫ですもの。きっとなくてはならないものになる気がします。
> うちもキャットタワーを存分に使う時は季節や気分なんかで限られてきます。
> ただCOGさん宅のように窓辺に設置しているので、毎朝窓を開けると外の様子を観察しに必ずやってきます。
> でもうちのニャンズたちを見ていると、高い所が好きというより人間や周りの状況を見下ろしたい(見くだしたい?)願望が強いような(´-`)
>
> 猫用の電動爪きりなんてあるんですね!?
> まるでドラえもんの異次元ポケットから出てきた物のようなフォルムだ!
> とっても楽しそうに見えるんですけども、うちのやつらはびびるだろうなぁ・・・。
>
> 旦那様、欠席は大変辛いと聞いております。
> お大事になさってください。

2009.07.26 Sun 08:01  |  コギは身軽で・・(苦笑>テラコッコさん

気楽にはしごを登ってたので、そんなもんかと思ってたけど、
エルはやらない。やっぱり体重差かしら・・
なぜゴミ箱なのかは本当に謎。でもきっとコギのことだから、
ちょうど見やすいところに置いてあったから、とか、入ってみたら
ジャストサイズだったから、とかつまんない理由なんだと思います(笑

一夜明けて今朝、期待しつつ見てたけど・・完全無視・・
嫌いではない、けど、無視、っていうのはどーなの??って感じです。
抱えて乗せてみたら、楽しそーにタッタカ下りてきた(泣
下りるの楽しいなら、登ってみろよー!!

エルのはみ出し具合は、ぬいぐるみっぽくてかわいかったです(親ばか)。
でも安心してくつろげるサイズとは思えない。寝返り打ったら落ちるし。
棚自体、横幅もう少し大きかったらなぁ。

いつか買って良かったね、と言ってもらえるような写真を載せたいと、
心から願っています(涙

うちも爪切りは2人がかりです。
もしもこれを使えたら、爪切り後の爪を拾い集める必要もないし、
爪切り後の凶器に悩まされないで済む、と思うとかなり期待してます。
この前、切ったばかりで伸びてないので、次回の爪切り後ご報告しますね。

もしどこかで売ってたら現物チェックしてみてください。
コギは大きさにビビってました(笑

2009.07.26 Sun 00:26  |  

いつの間にやらご家族とご自宅の猫用設備に激変があったのですね。驚きました。
キャットタワー、これから活躍しそうですね~。
しばしば飽きることがあったりはしても、高い所好きの猫ですもの。きっとなくてはならないものになる気がします。
うちもキャットタワーを存分に使う時は季節や気分なんかで限られてきます。
ただCOGさん宅のように窓辺に設置しているので、毎朝窓を開けると外の様子を観察しに必ずやってきます。
でもうちのニャンズたちを見ていると、高い所が好きというより人間や周りの状況を見下ろしたい(見くだしたい?)願望が強いような(´-`)

猫用の電動爪きりなんてあるんですね!?
まるでドラえもんの異次元ポケットから出てきた物のようなフォルムだ!
とっても楽しそうに見えるんですけども、うちのやつらはびびるだろうなぁ・・・。

旦那様、欠席は大変辛いと聞いております。
お大事になさってください。

2009.07.25 Sat 23:57  |  

黒サル状態のコギちゃん、すごいんだけどっ!
はしご的なものも、登れちゃうんだねー
で、なぜ、ゴミ箱にINなのかは、聞いてみたい^m^

でも、初日で、
こんな感じは、いいんじゃないですかっ!?
窓辺だし、きっと、活躍してくれると思う―
(だいぶ)はみ出してる様子のエルちゃん、
その感じが可愛いから、逆に、丁度いいサイズだったんではっ!?

嫌い、ではない。。。ってのは、ポイント高いんじゃないかな~♪
高い所好きの猫族としては、あっという間に、
お気に入り場所になりそう~
2ニャンで、活用してる姿、楽しみにしてますよー(^O^)

爪とぎ、なかなか、いいようですねー
一回、お試しで使ってみたいな~^_^;
いきなり購入は、ちょっと、怖い・・・
今の、普通の爪切りですら、
2人がかりで挑んでるからなぁ~
でも、やすりってのは、ほんとに、魅力的なんですよねー
伸び放題も怖いけど、
切り立ての爪も、かなりの凶器ですものねぇ~

大丈夫!やっちまってないと思うよー!!
  • #-
  • テラコッコ
  • URL
  • Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://cogitoergosumu.blog24.fc2.com/tb.php/122-9e94b577

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

translate

powered by 3ET

profile

COG

Author:COG
2008年8月8日に18年間
連れ添った愛猫ダダを亡くし、
もう飼わないと心に誓って
いたのに結局また黒猫達の
飼い主になりました。
2008年9月生まれのCogitoと
2008年5月生まれのErgo、
精力的に活動中。
黒猫2代目と3代目の日々を
ぼちぼち綴ります。

DADA

Cogito&Ergo

recent entry

new comment

category

monthly archive

you can do it

いつでも里親募集中

FC2 counter

ranking

admin menu2

WEBコンサルティング joomlaでホームページ制作 ブログパーツ制作

online counter

現在の閲覧者数:

calendar

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

clock

電力使用状況グラフ

photo

link

books1

どうも私はお台場とか汐留とか、ああいう 再開発系エリアが好きになれません。(もし住んでいる人がここに遊びに来てくれていたらごめんなさい。) 田舎者と思われるかもしれませんが、 六本木ヒルズも嫌いです。 青山だって西麻布だって麻布十番だって、 やっぱり昔の方が良かった。 笄町や霞町なんて雰囲気あったもんなぁ。   今じゃ神楽坂の裏道とか代官山の一部や下町にしか、 その土地の空気を感じられなくなった気がする。 もちろん狭くて地価の高い東京のどこも かしこもを、いかにもっと収益を上げられる エリアに変貌させブランド化できるかは、 一部の企業にとっては死活問題だと思うけど、 Produced by・・と海外著名建築家をゼネコンが 引っ張って来てコーディネーションし、周辺環境 との調和も考えず、似たり寄ったりな高層ビルを 建てるのはもう飽き飽き、と思ってた。 だからと言って、中途半端に個性を主張しようと 大金を投じた挙げ句ちゃちなテーマパークのような建物を 建てられると、それはそれでいたたまれない。 東京のどこかの街に立って、高いビルやその隙間から 見える空を見上げるとき、自分が今どこにいるのか わからなくなる、あのちょっとした不安感と切なさに 似た気持ちは、まるであまり知らない海外の都市で 感じるような居心地の悪い寂しさに近い。 なんで東京はこんなになっちゃったんだろう、と 寂しく手に取った1冊。 とにかくそんなになった理由は少しわかった気がする。(COG)

books2

猫インテリア・・と言う割には後半は猫以外にも、うさぎ、亀、モルモット、はては金魚まで登場のインテリアブックです。ポストカード付き。 みなさん、いかにもペット飼ってます、という雰囲気なく暮らしているのに、それでいて一緒に暮らしている猫達は幸せそう。ちゃんと一緒に暮らすマナーを教え、猫の嗜好を理解し、必要なものをきちんと与えていれば、人間の趣味も抑制することなく気持ちよく暮らせるんですね。(COG)

books3

たまりません。ヒントもいっぱい、参考になります。猫用に部屋をカスタマイズしたいと思う方、日本のペット・グッズなどに抵抗のある方はぜひ!(COG)

出版社/著者からの内容紹介 本書は日本で初めて、世界じゅうのいぬとねこのインテリアを1冊にまとめたものです。ひとたび、ペット愛好家のおうちを見ると、そこには専用ベッド、スタイリッシュなペットハウス、壁やドアに施された通り穴、ねこのための階段、ネコタワー、階段下や家具のすき間などデッドスペースの活用etc. 愛すべきペットへの愛情がはっきりとしたデザインとなっていることを目の当たりにすることができます。  本書では、こうしたペットと人間が共存する、先進的なインテリアに対する取り組み例を、パリ、ロンドン、ミラノ、ニューヨークといった海外の主要都市のほか、日本国内からも多数紹介。さらにペットにまつわる各国の最新事情もあわせて掲載しました。また、国内で買うことができるペットハウス、フードボウル、ペットトイetc. 多岐に渡るペットグッズのジャンルの中から、“デザイン重視”で厳選して掲載。   内容(「MARC」データベースより) ペットのデザイングッズ200点紹介、海外のおしゃれないぬ・ねこルーム大公開、ペットのためのセレクトショップやLOHASなカフェなどのトピックほかを掲載する。 出版社からのコメント 巻頭には、MoMAでも認められた“アニマルラバーバンド”を封入するなど、まさに充実の1冊に仕上がりました。

books4

これが私が買ったクリアファイルのNOROちゃんの本です。ヨーロッパ各国を飼い主夫婦と旅して撮った写真がいっぱい。飛行機乗せられたり、ちょっとかわいそーとも思ったけど、こんな素敵な写真が撮れるなら試してみたい気も・・私だけじゃなく、黒猫飼い主さんならその気になりそう。(COG)

生花店の看板猫「ノロ」が、飼い主夫婦と共にヨーロッパを旅することになりました。 旅のはじまりから終わりまで、素敵なPHOTOと可愛いデザイン、便利な情報がこの本の肝。旅好き猫好きの皆さんは、トキメかずにはいられない1冊です! [旅の主な行程] 日本→パリ→ドイツ(バーデンバーデン)→スイス<アルプス越え、インターラーケン>→イタリア(ミラノ、トリノ、イタリアンリビエラ、ニース、モナコ)→スイス→ドイツ(アウトバーン)→デンマーク<フェリー>→スウェデン→オランダ→ベルギー→パリ→日本 [著者プロフィール] 平松謙三 1969年岡山生まれ。東京都在住。デザイナー。妻と共に西荻窪で生花店『la hortensia azul』を経営。 幼少の頃から鳥を飼いつづけ、30年猫嫌いで通すも、なぜか今では大の猫好きに。趣味は旅行と乗り物全般、お茶。 内容(「BOOK」データベースより) ヨーロッパでなつやすみを過ごすハメになった黒猫ノロの、不本意ながらも楽しいバカンス。猫好き、旅好きも羨むエピソード&ハウツーが満載。

ブロとも?

bbs

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。