Cogito Ergo 住む

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
06
 
最近、抱っこできない(「黒猫なつくかな?」の「おっちゃんとめぐる」)、とか、
「頭付近より、ボデータッチの方がガードゆるい」(「いちメモ」の「ハルのヒップ祭り」
コメント欄より
)とか読んだので、ちょっと自慢でもしてみようかと(笑

ほ~ら

コギベランダ
(あ、近隣の建物をぼかしたら不自然になってしまったけど、そこは目をつぶってくださいw)

ちゃんと抱っこされてるでしょ。
・・爪が出てるじゃん、とか、しっかり押さえてるだけじゃん、というツッコミは
受け付けませんのであしからず。これは外だからよねー。

だってね、夜になって私の部屋に行けば(シチュエイションは厳格に限定)、
絶対抱っこ要求なんですもん。
「ブルル~」「ブロロ~」(いちさんとこから拝借)となりながら、両手を伸ばして(マジ)。

で、そこから「儀式」の開始。
時々、「コギ、眠くないの?(私)」、「なっ(コギ)」(←間の手?返事?必ず答えてくれる)
などと会話しながら、しばらく抱っこしたままMacの前に座った状態で「ブルル~」「ブロロ~」、
ベッドに移動すると付いてきて首の辺りで「ブルル~」「ブロロ~」、
手の指を全部「ちゅぱもみ」(というか舐め回す?)しながら「ブルル~」「ブロロ~」、
そのまま寝る体勢になって「ブルル~」「ブロロ~」・・

でも、なぜか、5分程度するとムクっと起き上がり「ブルル~」「ブロロ~」と言いながら、
専用ベッド(いすの上に毛布を敷いたもの)へ移動していかれます・・

なぜ?なぜ、コギはそのまま寝てくれないの?そんなに寝相悪い、私?
と、一瞬寂しい気持ちでコギのお尻を見送る、でも私はお決まりのうつぶせ寝ができて
結局満足、というのが毎晩の揺るぎないパターンです。(関連記事:「コギは二重猫格」

ちなみに、コギは初乳をもらってないのかもしれません。「ちゅぱもみ」がヘタです。
毛布にするときも、よく見ると銜えて頭を振ってるだけで吸ってない。
指にするときも、吸わずに舐めてる。
前猫ダダは、私の腕の柔らかい部分をちゅーちゅー吸ってたから、
いつも私の腕には吸血鬼に血を吸われた痕のようなものがありました。
それとは全然違うんですよね。

あ、自慢から逸れちゃった。戻らなきゃ(笑。
頭だってトーゼン撫でさせます。
頭に手を近づけると自分から頭をすり寄せてきます。(イルカのジャンプ体勢に似ている)
どーだっ、むふっ(鼻息荒い)

あー、でも、エルはちょっと違うなぁ。
抱っこするとムーンサルトのように身を翻して飛び降りることが多い。
頭に手を近づけると、たまにちょっとよけられる。
じっくり撫でてるとぐるぐるはいうけど、ちゅぱもみはなし。
でも、どこを触っても嫌がらないでくれるし、ぐるぐるいいながら甘噛みしたりする。
(時々、鼻ピー(ピアス)開けられそうになる。なぜ、そんなとこ?)

だけど、すっかり慣れた私たち家族に対して人懐っこいのは断然エル。
誰か帰ってきたり、リビングに入ってくる音がすると、何はさておきドアの前に
すっ飛んで行き、ちゃんと出迎えてくれます。(コギは知らん顔)
ソファーでくつろぎ体勢になれば、待ってましたと飛び乗ります。(コギはしない)

性格、出会った時期(月齢)、人間に保護されるまでの環境など様々な
要因があるのでしょうが、猫もそれぞれ付き合い方があって楽しいものです。

Comment

2009.06.07 Sun 15:02  |  流してください(笑>むにすさん

ネタのきっかけとしていただいただけなので流しちゃってください。
焦らせちゃってすみません。

> んーーと、私の顔を見たら「にゃん」と鳴きます。
それはすごいじゃないですか。
進歩というより、関係成立?
うちでは、そんなかわいい姿は見られませんもの。

2009.06.06 Sat 20:20  |  

じ、じまん大会すか!!??
えと…えっと……黒がきれいです。
あっ!全員黒猫飼ってんだった。
えと…えーーっと、口が△こんなんなってんのが、かわいいです。
あ~、私との関係性の自慢になってない!
んーーと、私の顔を見たら「にゃん」と鳴きます。
ふ、普通だ…。
  • #-
  • むにす
  • URL
  • Edit

2009.06.06 Sat 08:18  |  おはよー、ご隠居>いちさん

やはりご隠居の朝は早いね。
私は2時過ぎに寝て(ダンナが相変わらず遅い)、7時前に起き、
ゴミを出し(土曜のゴミに限って収集が早い)、梅仕事その1.
(青梅を洗い、アク出しのため水に2~4時間さらす)の水の中に
梅を入れて上がってきたところ。
雨は降ってるし、空はどんよりだし、目が覚めない。激しく眠い。

おー。自慢合戦、忘れてた(笑

> オマエ、顔が歪まんか?ってくらい、もう頭突きレベルなのよね~困るわあ♡
そうそう。力の入れ具合調整しろよー、とか思う。

> とくに椅子に座って足を組んでると、浮いた片足にやってくる。1日はいてて煮しまってる靴下にフゴーって・・・履き替えるべきか悩む。
「煮しまってる靴下」って、あーた(笑。でもわかるわー。
脱ごうか、いや、脱いだってお風呂に入った訳じゃないし、
でも・・みたいな気持ちになるよね。

> トイレの出待ちしてくれるし(いいのだが笑)寝る前のちゅぱ揉みやる時、全員揃ってないと呼びに来る。(そいで終わると「おつかれっしたー」みたいにmyベッドに帰るw)
いや~ん、かわいい♡全員揃ってないとダメなの~?
役割分担とかある訳じゃないんでしょ?
ハチさんマッサージ担当、いちさん声かけ担当(?)とか?

> 抱っこしながら撫でたりするの? ホールドの仕方にコツがあるのかなあ。
縦だっこオンリーなので、左肩にコギが手をかけ、私の左手でホールド、
右手で撫でる、って感じ?(笑

> あ、ハルは私のアクビが伝染るんだよお^^q
それってすごい気がする。
人間も好意のある相手のしか伝染らないと聞くし、それが人間・猫間なら
なおのことなんじゃない?

まぁ、もっと自慢できること思い出して、出直してらっしゃい!おほほほほ~

*インテ情報ありがとう!!ブックマークしときました^^v
想像してるのと近かった?
あーゆー椅子ならじっくりくつろぎそうだよねー。
でも結構高い・・4脚&テーブルも必要だとすると・・かなりの労働ですぜ、だんな

2009.06.06 Sat 07:57  |  すみません(笑>akiraさん

つまらない自慢をしてしまいました(笑
抱っこ3~5分ってじゅうぶん長いんじゃないですか?
ベタベタモードの時のコギも3~5分ずっとは少ないです。

そうそう、猫は勝手だから犬と違って、楽よー、
とか私も言ってたりします(笑
本当にそう思うことやポイントもあるのですが、
ちょっと強がりで言っている部分もなきにしも・・

コギは来た当初、ぴったりくっついてきて寝ていたのですが、
やはり小さかったこともあり、こっちが気を使って、寝た気が
全くしませんでした。(つぶさないように身体ガチガチ)
だから今の「儀式」終了後、解散は気が楽です。

どこまで猫に捧げる覚悟があるか、によっても求めるもの、
そして与えられるものも変わってくる気がします(笑

2009.06.06 Sat 05:23  |  おはようございます^^また寝ます♪

これは自慢合戦ってことでいいね^^?
よ~し、行くどーq

うちだって「すり~ん」はスゴイんよ?
オマエ、顔が歪まんか?ってくらい、もう頭突きレベルなのよね~困るわあ♡
とくに椅子に座って足を組んでると、浮いた片足にやってくる。1日はいてて煮しまってる靴下にフゴーって・・・履き替えるべきか悩む。
でも「今はちっと」ってタッチ遠慮される時が確実にあって、特に頭はダメ。ボクサーみたいにかわす(笑
ハルはエルちゃんタイプなのかな~、シーンによって?-?
トイレの出待ちしてくれるし(いいのだが笑)寝る前のちゅぱ揉みやる時、全員揃ってないと呼びに来る。(そいで終わると「おつかれっしたー」みたいにmyベッドに帰るw)
タッチダメタイムの謎が知りたいなあ。エルちゃん教えてーq

抱っこはもう~常時ダメだす。サルト降り(;;)
コギちゃん、がしっと・・・うらやましい~><q しかもブロロ~付きの密室愛(笑
抱っこしながら撫でたりするの? ホールドの仕方にコツがあるのかなあ。

だんだん自慢じゃなくなってきちゃった^^;
うーむ一矢報いたいけど(笑
あ、ハルは私のアクビが伝染るんだよお^^q

*インテ情報ありがとう!!ブックマークしときました^^v

2009.06.06 Sat 00:17  |  

おぉ、いいですね~
うちのは抱っこは3~5分が限界。
寝る時は別々・・・・。
すり寄っては来てくれますが、
基本的に彼が僕に触れたい時には寄ってきますが、
それ以外は好き勝手しています(お互い様ですけれど(笑))
まぁそんな関係の方が良いなんて周りの人には話してますが、
本音を言うと寝る時は側で寝てくれたらいいなぁ・・・。
などなど(もっと色々あります)、密かに思っていたりしています。






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://cogitoergosumu.blog24.fc2.com/tb.php/104-aa7065eb

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

translate

powered by 3ET

profile

COG

Author:COG
2008年8月8日に18年間
連れ添った愛猫ダダを亡くし、
もう飼わないと心に誓って
いたのに結局また黒猫達の
飼い主になりました。
2008年9月生まれのCogitoと
2008年5月生まれのErgo、
精力的に活動中。
黒猫2代目と3代目の日々を
ぼちぼち綴ります。

DADA

Cogito&Ergo

recent entry

new comment

category

monthly archive

you can do it

いつでも里親募集中

FC2 counter

ranking

admin menu2

WEBコンサルティング joomlaでホームページ制作 ブログパーツ制作

online counter

現在の閲覧者数:

calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

clock

電力使用状況グラフ

photo

link

books1

どうも私はお台場とか汐留とか、ああいう 再開発系エリアが好きになれません。(もし住んでいる人がここに遊びに来てくれていたらごめんなさい。) 田舎者と思われるかもしれませんが、 六本木ヒルズも嫌いです。 青山だって西麻布だって麻布十番だって、 やっぱり昔の方が良かった。 笄町や霞町なんて雰囲気あったもんなぁ。   今じゃ神楽坂の裏道とか代官山の一部や下町にしか、 その土地の空気を感じられなくなった気がする。 もちろん狭くて地価の高い東京のどこも かしこもを、いかにもっと収益を上げられる エリアに変貌させブランド化できるかは、 一部の企業にとっては死活問題だと思うけど、 Produced by・・と海外著名建築家をゼネコンが 引っ張って来てコーディネーションし、周辺環境 との調和も考えず、似たり寄ったりな高層ビルを 建てるのはもう飽き飽き、と思ってた。 だからと言って、中途半端に個性を主張しようと 大金を投じた挙げ句ちゃちなテーマパークのような建物を 建てられると、それはそれでいたたまれない。 東京のどこかの街に立って、高いビルやその隙間から 見える空を見上げるとき、自分が今どこにいるのか わからなくなる、あのちょっとした不安感と切なさに 似た気持ちは、まるであまり知らない海外の都市で 感じるような居心地の悪い寂しさに近い。 なんで東京はこんなになっちゃったんだろう、と 寂しく手に取った1冊。 とにかくそんなになった理由は少しわかった気がする。(COG)

books2

猫インテリア・・と言う割には後半は猫以外にも、うさぎ、亀、モルモット、はては金魚まで登場のインテリアブックです。ポストカード付き。 みなさん、いかにもペット飼ってます、という雰囲気なく暮らしているのに、それでいて一緒に暮らしている猫達は幸せそう。ちゃんと一緒に暮らすマナーを教え、猫の嗜好を理解し、必要なものをきちんと与えていれば、人間の趣味も抑制することなく気持ちよく暮らせるんですね。(COG)

books3

たまりません。ヒントもいっぱい、参考になります。猫用に部屋をカスタマイズしたいと思う方、日本のペット・グッズなどに抵抗のある方はぜひ!(COG)

出版社/著者からの内容紹介 本書は日本で初めて、世界じゅうのいぬとねこのインテリアを1冊にまとめたものです。ひとたび、ペット愛好家のおうちを見ると、そこには専用ベッド、スタイリッシュなペットハウス、壁やドアに施された通り穴、ねこのための階段、ネコタワー、階段下や家具のすき間などデッドスペースの活用etc. 愛すべきペットへの愛情がはっきりとしたデザインとなっていることを目の当たりにすることができます。  本書では、こうしたペットと人間が共存する、先進的なインテリアに対する取り組み例を、パリ、ロンドン、ミラノ、ニューヨークといった海外の主要都市のほか、日本国内からも多数紹介。さらにペットにまつわる各国の最新事情もあわせて掲載しました。また、国内で買うことができるペットハウス、フードボウル、ペットトイetc. 多岐に渡るペットグッズのジャンルの中から、“デザイン重視”で厳選して掲載。   内容(「MARC」データベースより) ペットのデザイングッズ200点紹介、海外のおしゃれないぬ・ねこルーム大公開、ペットのためのセレクトショップやLOHASなカフェなどのトピックほかを掲載する。 出版社からのコメント 巻頭には、MoMAでも認められた“アニマルラバーバンド”を封入するなど、まさに充実の1冊に仕上がりました。

books4

これが私が買ったクリアファイルのNOROちゃんの本です。ヨーロッパ各国を飼い主夫婦と旅して撮った写真がいっぱい。飛行機乗せられたり、ちょっとかわいそーとも思ったけど、こんな素敵な写真が撮れるなら試してみたい気も・・私だけじゃなく、黒猫飼い主さんならその気になりそう。(COG)

生花店の看板猫「ノロ」が、飼い主夫婦と共にヨーロッパを旅することになりました。 旅のはじまりから終わりまで、素敵なPHOTOと可愛いデザイン、便利な情報がこの本の肝。旅好き猫好きの皆さんは、トキメかずにはいられない1冊です! [旅の主な行程] 日本→パリ→ドイツ(バーデンバーデン)→スイス<アルプス越え、インターラーケン>→イタリア(ミラノ、トリノ、イタリアンリビエラ、ニース、モナコ)→スイス→ドイツ(アウトバーン)→デンマーク<フェリー>→スウェデン→オランダ→ベルギー→パリ→日本 [著者プロフィール] 平松謙三 1969年岡山生まれ。東京都在住。デザイナー。妻と共に西荻窪で生花店『la hortensia azul』を経営。 幼少の頃から鳥を飼いつづけ、30年猫嫌いで通すも、なぜか今では大の猫好きに。趣味は旅行と乗り物全般、お茶。 内容(「BOOK」データベースより) ヨーロッパでなつやすみを過ごすハメになった黒猫ノロの、不本意ながらも楽しいバカンス。猫好き、旅好きも羨むエピソード&ハウツーが満載。

ブロとも?

bbs

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。